スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復のトレーニング法

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

任天堂DSでおなじみの川村博士による視力回復プログラムをご紹介します。
その名も14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

視力回復法はたくさんありますし、当サイトでもご紹介しています。
では、この商材を買うメリットは何でしょうか?
それは、川村先生という権威ある方の視力回復法だということです。

川村博士は速読協会の会長であり、実際に多くの方の実例をご覧になっておられます。
権威とは単なる威厳というだけでなく、多くの実例を見た上で判断されているという部分が大きいと思います。

私も試してみる予定です。
ぜひ、視力回復に興味のある方にはお勧めします。



視力回復のトレーニング法

視力回復法と眼鏡

視力回復手術やオルソケラトロジーの登場で、ほんの1歩かもしれませんが眼鏡の要らない世の中へと動き出している感覚は誰もが感じているところでしょう。それでも依然眼鏡の着用は「視力を良好な状態にする」という点ではもっとも多くの人が利用しているといって良い方法です。現時点で視力回復手術などと眼鏡着用は、どういった点が選択のポイントとなっているのでしょうか?


わずらわしさ、動きにくさと言う点では視力回復手術などに比べて眼鏡はどうしてもそのあたりを感じることは否めません。特にレーシックは15分ほどの手術で裸眼の永続的な視力回復が実現できるのですから、その後はわずらわしさやスポーツの際などの動きにくさが一気に解消するわけです。見栄えの点でも眼鏡はやや分が悪い感じはしますが、今は眼鏡がファッションとしてのステータスを獲得しているのでそこまでの抵抗は無いでしょう。


視力回復手術等に対する眼鏡の大きなアドバンテージは、価格です。眼鏡は度が合わなくならない限りは物理的な破損が起きるまでは使えます。加えて眼鏡のプライスラインが近年一気に下がった背景も手伝い、視力回復手術などの方法に比べると、眼鏡のトータルコストは確実に低いと言えるのです。


どのポイントを重視するのかが選択の決め手であるといえるでしょう。

子供の視力回復トレーニング

小学生の視力回復トレーニングについて考える

小学生という時期は,視力回復トレーニングの効果が出やすいのは間違い無いことなのですが、かといっておなかが減ったらごはん、というような流れで小学生はすべからく視力回復トレーニングすべしとも言えない部分はあります。


ひとつ考えに入れなければいけないのは小学生は視力回復トレーニングで視力が回復しやすいとともに、近視が進行しつづける時期でもあるということです。現在の眼に関する考え方の傾向では、視力回復トレーニングで回復しやすい仮性近視と眼球の屈折によって起こされる真性近視は因果関係を否定されています。真性近視の進行が大きな近視の原因であるなら、視力が安定するまでコンタクトやメガネによる矯正で対応して行くという選択肢も考えうるのです。


もうひとつは持続性の問題で、ゲームのような面白みはそれほど無い場合の多い視力回復トレーニングは小学生が続けていけるのか、塾や習い事で多忙な現在の小学生に視力回復トレーニングをしに施設に通う時間が捻出できるのかということも考えてしまいます。


それでも、総合的に考えメリットがあるのであれば小学生のうちからメガネをかけさせるよりは視力回復トレーニングで裸眼視力を維持し、元気に走り回って欲しいものです。親御さんはしっかりと考察をして、最良の選択をしてあげましょう。

視力回復のトレーニング法

3D画像を自分で作って視力回復トレーニング

ピントをうまい具合に調整すると3D画像が浮かび上がる「マジックアイ」などの視力回復トレーニング本が大ヒットしたのはもう10年ほど前のことです。そういった3D画像を使った視力回復トレーニングは、ひとつのメソッドとして現在でも生き続けています。


さて、こういった3D画像を用いた視力回復トレーニングは、ランダムな図形の中から意味のある図形や文字が浮かび上がってくるさまが一番の感動であり、視力回復トレーニングとしての楽しさ、モチベーション維持の肝となっています。これはランダムドットステレオグラム、略してRDSと呼ばれる画像なのですが、さすがコンピューター時代、ネット上でRDSが作成できるソフトをダウンロードで提供しているサイトがあります。自分で作ったり、自分の好きな画像を立体視できるのは楽しみも増し、トレーニング効果もあがるような気がするものです。


RDSを作成できるソフトは、例えば「酒田市楯山だ!(http://www.ic-net.or.jp/home/hirotosi/)」というサイトから手に入れることができます。こちらであればペイントで作成した画像からRDSが作成できますので、非常に簡単にRDSを楽しめます。


インターネットの恩恵は本当に色々なところで感じられるものです

視力回復のトレーニング法

視力回復トレーニングの無料体験

視力回復トレーニングは無料で自宅で行うのではなくトレーニングセンターで行う場合には、やはり安くない投資となります。そこで視力回復トレーニングを始める際にお勧めしたいのが各施設の無料体験です。


もちろん視力回復トレーニングを行う各機関で無料体験の有無やその内容は異なりますが、おおまかに言うと無料体験では視力を初めとした目の状態の検査とトレーニング内容や回復見こみの説明・カウンセリング、実際の視力回復トレーニングの体験が主な内容となってきます。


特に役に立つのが眼の状態の検査です。自分の目がどういう状態であるのかは、検査を受けなければ正確に把握できませんから、非常にありがたいと言えます。ただし、目の状態を把握して自分で視力回復トレーニングを試みるのが目的で、最初から入会の意思無く無料体験を受けるようなことはモラルに反しますので絶対にお勧めしません。


ちなみに、こういった無料体験と勧誘はセットだと考えておいたほうが良いでしょう。無料体験を行う理由は入会者の獲得ですから、勧誘は当然あります。もちろん、正当な勧誘ですから強制で無い限りは当たり前のことだと私は思います。

視力回復の方法

視力回復トレーニングに最適??大人向け3D画像

視力回復トレーニングにおける近年のトレンドのひとつに、平行法や交差法で立体視した3D画像を眺めることでピント調節機能を改善したり鍛えると言うものがあります。


そういった視力回復トレーニングでは3D画像は主にランダムな模様の中に隠れているものが多いですが、インターネットのサイトなどでは二枚の少しだけ異なった画像を並べて表示する、いたってシンプルな形式のものが提供されていることが多いです。もちろん立体視の仕方が同じなので視力回復トレーニングとしての方法論は同じです。


さて、そんな3D画像の中でも、特に大人の男性が大変興味を持ってトレーニングを行えるかもしれないものを提供しているサイトもあります。それは、いわゆる18禁・成人向けといったジャンルのものです。内容や具体的なサイト名はここでは控えますが、探してみるとひとつふたつ見つかるでしょう。


視力回復トレーニングには的確な方法論と同じくらい継続させるモチベーションが重要になってきます。人様に迷惑をかける類いの者ではないので、もちろん大人に限ってですがこういったものに興味を持ちつつトレーニングを行うのもひとつの手と言って良いでしょう。

視力回復全般

視力回復トレーニング用機械の認可について

視力回復トレーニングに使用する機械は、様々なものが世に出ています。そういった視力回復トレーニングの機械の中で、よく見るのが「厚生省認可」という文字です。


視力回復トレーニングの機械は、「視力回復」という性質から、医学分野に入ってきます。そうなると、効用を謳うことは実績と安全性があってこそはじめて可能ということになります。


例えば、超音波で毛様体のコリをほぐす方式の視力回復機「ソニマック」は、大学病院での臨床試験や動物試験で効果の実例を挙げ、審議と審査を経て厚生省から医療機器としての認可を得ています。このような認可が無ければ効用を謡うことは誇大広告になり、実際視力回復トレーニングの機械は過去。こういった問題で槍玉に挙げられたケースが多くあります。


先にあげたとおり、厚生省の認可には「効果と安全性」というポイントをクリアする必要があります。効果について仮性近視と真性近視の場合はデータがどうなるのか、などと考えてしまう部分もあり、実際に劇的に回復した話を聞かないという部分でも厚生省認可が信頼に足りる効果を持っているかということは疑問視されることもありますが、安全性に関してはひとまず無認可のものよりは信用してよいでしょう。

視力回復の方法

タイピングで視力回復

視力回復トレーニングは専門機関で行う方法、機器を用いる方法、特に機器に頼らない方法など、やり方のバリエーションは多岐にわたります。さて、昨今ではPCとインターネットを利用してWEB上で視力回復トレーニングを提供している様なHPが増えています。その中で、面白い視力回復トレーニングを無償で提供してくれているサイトをご紹介しましょう。


面白い視力回復トレーニングの方法を提供してくれるのは「視力回復と視力検査(http://www.eye-eye.net/)」というサイトです。こちらは立体視画像の紹介や立体視画像のメルマガによる配信などを行っている、視力回復トレーニングを行う人にとっては大変役に立つサイトなのですが、その中に「視力回復タイピング」というゲームが用意されています。


この「視力回復タイピング」は普通のタイピングゲームなのですが、立体視画像がバックに映しこまれており、立体視することでタイプしやすくなるという作りになっています。遊びの要素の強いこのゲームですが、タイピングというゲーム性への興味、ランキング機能によるモチベーションアップという点で、効果的な視力回復トレーニングになるという見方も出来るでしょう。視力回復トレーニングは、内容もさることながら継続しやすい方法も重要になってくると再認識させられるこの視力回復タイピングです。

視力回復の方法

簡単な視力回復の方法は?



できるだけ簡単に視力回復がしたい、というのは近視の人の究極の望みだと思います。視力回復トレーニングはメソッドの習得と継続性がいりますし、眼鏡やコンタクトは見かけの視力は簡単に上がりますが、購入前の検査に始まり、視力回復はそれを付けている時のみですから、毎日つけたりはずしたりの手間をずっと感じながら過ごすのは簡単とはいいがたいものです。


体感的に簡単と感じる視力回復法はなんといってもレーシックなどの視力回復手術でしょう。受動的に1回、しかも短時間の手術を受けるだけで裸眼視力が回復するのですから、これは簡単といって良い内容です。しかしながら費用はポン、と出せる類の金額では決してありませんので「簡単」ではありますが「手軽」な視力回復とはいえません。


実際の視力回復の実績はともかくとして、試みとして簡単といえるのは立体視を利用した視力回復トレーニング(マジックアイなど)、サプリメントの摂取の2つでしょう。この2つは始めるにあたって、一切の抵抗が要らないといえます。


視力回復とは病状の改善というよりは体の構造を変えるというところに行き着きます。費用と実績を総合して「簡単」といえる視力回復法の登場はもう少し先の話になりそうです。

視力回復の方法

視力回復の薬、ミドリンとミオピン

視力回復には視力回復トレーニングや視力回復手術、いろいろな方法が考えられますが、究極の願いは薬で治療が簡単に行えることでしょう。しかしながら近視は、真性の近視であればそれは眼の構造の問題に起因しますので、薬で治すというのはそもそもが無理があることなのです。


それでも、仮性近視の視力回復は薬を用いて行うことがあります。仮性近視のための点眼薬が、現状では視力回復できる唯一の薬と言えるでしょう。


視力回復の点眼薬のひとつはミドリンで、こちらは点眼することで毛様体の緊張を解くことができる薬です。正確な視力・屈折力などを測る際の検査薬としても使われています。平たく言うと、この薬を使用すると雲無法や望遠訓練法と言った視力回復トレーニングと同じ効果が期待できるのです。しかし、この薬は副作用の懸念があり、医師によっては処方はしていない場合もあります。


もうひとつ視力回復用途で使われる薬は、ミオピンです。こちらは調節機能の改善効果があるとされています。こちらも、薬ならば当然のことですが副作用の懸念はあります。


どこでも処方しているという現状ではないようなので、処方を望む方はここで紹介した薬を出した実績のある眼科を事前に調べ、そこに行くのが間違い無いでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。