スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復のトレーニング法

視力回復のトレーニングとは





近視人口が増加傾向の今では、昔以上に視力回復トレーニングが様々な形で世に出ています。視力回復トレーニングとはいってもその方法・原理・視力回復の根拠等は一まとめには出来ないほど多様化しているのが現状です。ここでは根拠や方法論を除いたおおまかな区分で視力回復トレーニングのご説明をしたいと思います。


一番手軽な視力回復トレーニングは、書籍やCD,あるいは低額で簡易な器具を使うものです。最近で名前が知られているものとしては、マジックアイ・マジカルアイと呼ばれるランダムな模様を見ているとその中から立体的な形や文字が浮き上がる立体視を利用した視力回復トレーニングや、イメージの力で体の内側から視力回復を目指すイメージングアイなどがあります。


次に、比較的高額な機械を購入し、自宅で視力回復トレーニングをするものがあります。その機械の効果も様々なのですが、自動的にピントがあったり合わなかったり、遠くを見ていたり近くを見ている状態にすることで眼のピント調節機能を回復させるというものが多いように思います。つまり、形としては本などによる視力回復トレーニングでは自発的にトレーニングを行う必要があるところを、機械の力で受動的に行える、というものです。もちろん独自のメソッドでまったく異なる方法で眼に働きかける機械も存在します。


次に、視力回復センターのような視力回復を専門とする施設でトレーニングを行うというものがあります。こちらは主に上記で説明した視力回復トレーニング機器をその施設でトレーナー指導の下使用するというケースが多いようです。


あくまでも一例としての区分ではありますが、このように視力回復トレーニングはその方法だけでも選択肢が多いことが伺えるのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57014294
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。