スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復法にまつわる話

視力回復にまつわる2つの3D 

視力回復にちなんだ、2つの「3D」について、ここではお話をしたいと思います。


一つ目は、視力回復トレーニングの「3D」です。不規則の中に隠された図形や文字に「並行法」あるいは「交差法」でピントを合わせることでその図形が3Dすなわち立体に見えるようになるものを集めた本が一時期ヒットしましたが、その際の眼の動きを毎日繰り返して視力回復トレーニングとする仕組みの視力回復法やその本が90年代に数多く世の中に出ました。この視力回復トレーニング法の最大の強みは「楽しい」要素が大きいことです。視力回復トレーニングの肝は継続性ですので、モチベーションアップに繋がる「楽しみ」は重要なポイントとなります。


もう一つは、視力回復の必要がある近視の度合いです。近視の度合いはD=ディオプターという単位で表され、−が強いほど近視の度合いが大きく、逆に+の値が出た場合には遠視ということになります。そこで視力回復の必要性の目安になるのが-3Dです。分類においては-3Dまでは軽度の近視となっており、矯正も容易に行えます。実生活でもその点は、例えばカメラの視度調整にも現れています。カメラ屋さんや電気屋さんにいくと分かると思いますが、カメラのファインダー上でできる調整の幅は、どのカメラもほとんど-3Dまでなのです。カメラのファインダーは眼鏡ごしでは非常に見づらくなりますので、こういった部分でも-3Dという数字が実感できます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57692950
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。