スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復のトレーニング法

視力回復トレーニングが訓練と称される訳は

視力回復トレーニングは、しばしばその過程が訓練と称されます。例えば視力回復センターを全国で運営する機関は日本視力訓練協会といいますし、視力回復を目的とした機器も、視力訓練機と冠されているものが多くあります。


視力回復トレーニングが「治療」ではなく「訓練」と呼ばれるのは、おそらく取り組みかた、方法論が多くの視力回復トレーニングにおいて訓練と呼ぶに近しいからです。例えば何らかの原因で衰え凝り固まった筋肉をストレッチやマッサージ、あるいはそれに類する効果の器具の利用、そして筋力トレーニングで機能回復するというリハビリテーションが、近いものになるでしょう。行動の実践と持続によって機能を回復あるいは改善させると言う取り組みは、訓練と言うのがやはりしっくりきます。


しかしながら、この事実は視力回復トレーニングにおいては「訓練」と呼べる項目は多くても、「治療」と呼ばれる要素がほとんどないことを現します。外科手術等によらない「治療」に関しては、仮性近視に対しての点眼治療以外は見あたらないのが近視による視力回復の現状でしょう。継続と鍛錬で「訓練」をこなしていくことは結果と共に自分自信に良い影響をもたらすことは間違い無いのですが、受動的な「治療」で視力回復ができる方法もはやく確立してほしいと思います。゙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。