スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復の手術

視力回復手術に失敗はあるのか?

ここでは、視力回復手術の失敗のリスクなどについてお話をしたいと思います。即効性と確実な視力回復が望めるという点で、視力回復手術は視力回復トレーニングを追い抜いて裸眼の視力回復のスタンダードになりつつあります。しかし、レーシックなどの視力回復手術は、角膜を言って見れば傷つけることによって光の入り方を変えるものなので、当然ながら失敗したらどうしようという不安は生じてしまいます。


現在、ことレーシックに関しては手術の失敗例はほぼ聞きません。ですから、手術が失敗して失明などという重篤な事態に陥る可能性は、それこそ飛行機事故にあう確率よりも低いのではないでしょうか?ただし、視力回復手術には狭義に失敗と呼べる部分や、リスクは当然存在すると思っておいて間違いありません。


視力開腹手術にまつわってよく言われるのがドライアイと感染症、そして長期間経過したとき近視に戻ってしまうという懸念です。角膜の感度が鈍ることでドライアイが誘発される危険性は指摘されていますが、3ヶ月程度でよくなるという報告もあります。感染症に関しては、もはや視力回復手術というカテゴリーではなく、医師や医院単体での技術・衛生管理の問題といってよいでしょう。経年による近視への退行は、失敗というよりは別原因である可能性が非常に高く、技術的な問題とは考えにくいです。


基本的に視力開腹手術において、失敗に対する不安は杞憂といってよいですが、手術によって生じる可能性のあることはしっかり事前に理解しておいた方がよいでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58176793
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。