スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復の手術

レーザーでさらに進化する視力回復手術

レーザーで角膜を削り、焦点を適性にするレーシックという視力回復手術は、視力回復トレーニングなどでしか図れなかった裸眼の視力回復をかなり確実性のあるレベルで可能にしました。


レーザーが使用される前の視力回復手術は、ダイヤモンドメスで直接角膜に刃を入れるというもので、医者の大変高い技術が必要とされ、かつ術後の痛みの引きも長くかかりました。安全で狙いの定めやすいレーザーの使用は視力開腹手術に大きな進化をもたらしたと言えます。


レーザーによる視力回復の進化は、そこだけにとどまりません。レーシック手術は角膜にレーザーを照射する前に、角膜上皮をマイクロケラトームというカンナのような機械で切り、フラップと呼ばれるふたを作成します。そのフラップ作成までもレーザーでやってしまうイントラレーシックと言う手術法が、最近では普及してきています。


イントラレーシックでのフリップ作成はコンピューター制御により行われます。その正確性と、角膜上皮を薄く削ることで幅広い施術が可能になるという部分でマイクロケラトームに変わるフリップ作成法として広まっているわけです。


安全性・正確性がどんどん向上する視力回復手術。安全面の懸念から選択肢から外し、視力回復トレーニングなどを行ってきた人も、そろそろ検討する時代になってきたのかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。