スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復の手術

手術によってどの程度視力回復するのか?

レーシック手術による視力回復を行う人の数は、年々増加しています。今までは裸眼視力の回復となると自宅やセンターで視力回復にいそしむより他に手立てが無かったというのが実際で、即日で視力回復が出来るレーシック手術はいまや視力回復のスタンダードといってもおかしくないほど普及しています。


レーシック手術による視力回復で気になるのが、どの程度視力が回復するのかという点です。実は、元々強度近視の人はもちろん、軽度の近視の方であってもレーシック手術を行ったからといって皆が2.0まで視力回復するということはありえません。レーシックを行っている病院の実績を見ても分かるとおり、術後の視力分布のピークは1.0あたりにあります。まれには1.0に届かない症例もわかります。


基本的に1.0以上という比較的あいまいな記述が多いレーシック手術の術後視力ですが、これは手術の性質に関わっているといえます。レーシック手術はすなわち角膜を削る手術なので、多く削ってしまうと取り返しがつきません。したがって、再手術の余裕や安全面を考えれば、目標を裸眼での日常生活程度に添えるのが適当なのは言うまでも無いでしょう。


物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、視力回復トレーニングが持たない確実性と即効性があるレーシックは、やはりスタンダードと呼べる存在になっているのではないでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。