スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復の方法

3D画像で視力回復・・・立体視の仕組み

マジックアイ・マジカルアイなどと呼ばれる、なんだか分からないような模様を見続けて3D画像が浮かぶように眼を働かせることで視力回復を図る視力回復トレーニングは、皆さんご存知かと思います。3D画像を見るように眼を働かせることでピント調節機能を鍛え、視力回復を云々・・・という原理はともかく、それよりもなによりも気になるのが、どうして何かが隠れているようには見えない平面などを見ているのに確固とした物体が立体に浮かび上がって見えるのか、ということです。ここではそんなお話をしたいと思います。


マジックアイなどは、実は一見何も隠されていないランダムとも思える模様の中に、左右でほとんど同じ形の図形や文字の形が隠されています。このほとんど同じという部分は、立体に見える仕組みに関わってきます。


そもそも人間が見えるものを立体と捉えられる理由は、同じものを見ていても左右の眼に入ってくる画像が眼の位置が離れているために微妙に異なり、その画像の差を脳が受け取り、処理して立体と認識させているからです。つまり、擬似的に左右差をつけた画像をそれぞれの眼で見れば、その画像は立体に見えることになります。その原理が良く分かるのがステレオ写真です。


左右が仕切られていなくても、左右差をつけた画像を平行法や交差法という方法で1点に結像させれば、その画像が脳の働きで擬似的に立体に見えるというわけです。


原理がなんとなくわかるだけでも3D画像で視力回復トレーニングの効果が上がりそうな気がしませんか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。