スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復法にまつわる話

レーシックにいたる視力回復手術の歴史


レーシックというレーザーによる視力回復手術の普及で、視力回復トレーニングや食生活の改善など成果が不確定で顕著ではない方法にかわり、病院での視力回復を行う人の数は確実に増えたと言えます。いまでこそ痛みも少なく安全なレーシックで安心して手術が行える環境になっていますが、視力回復手術も進化を重ねて今の形があります。


眼の表面を切って視力回復を図る手術は、初めはダイヤモンドメスで放射状に切込みを入れるRKというものが行われていました。この方法は当然痛みが引き視力が安定するまで時間がかかり、かつ精度が高いとは言えませんでした。そこで登場したのがレーザーで角膜を整形する方法を取るPRKです。PRKは角膜を上皮から削るため、痛みが多少ある手術です。現在ではこれに改良を加え、上皮はフリップというふた構造に切って角膜上皮を損なわないレーシックに切り替わっていますが、PRKは一部の例で有効なため、まだ手術法としては採用されています。


そんな進化の道をたどったレーシックは、フリップを作る作業もレーザーでオートマチックに行うイントラレーシックなど、さらに新しい方法を取り入れた視力回復手術を生み出しています。手術への不安から視力回復トレーニングを選択している人も、いまなら調べる価値があるほどレーシックは進化しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。