スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復の方法

視力回復の最先端:レーシックとオルソケラトロジー

古くからある視力回復トレーニングから3D画像の本、サプリと様々な方法が登場する視力回復ですが、現在の最先端はレーシックとオルソケラトロジーでしょう。機器によらない視力回復トレーニングやサプリ摂取などは特別な制限や準備も無く自宅ですぐに始められますが、レーシックとオルソケラトロジーは医療機関に係る必要があるものです。この最先端の視力回復法、どのようなもので、どのような違いがあるでしょうか?


レーシックは角膜をレーザーで削る手術、オルソケラトロジーは夜間コンタクトレンズで角膜に「くせ」をつける療法ですので、両者の間には方法において明確な違いがありますが、視力回復法としてレーシックとオルソケラトロジー両方に言えるのが裸眼での視力回復状態が得られ、矯正器具無しで活動ができるようになるという点です。あまり喜ばしい共通点出はありませんが、片方の眼の施術で10万単位で費用がかかると言うのも共通しています。


この二つで異なる点は、まずレーシックは即日で効果があり、その後は特に施すことが無く視力回復状態が続くのに比べて、オルソケラトロジーは長く続けるうちに安定期に入り回数は減らせるものの継続利用しなければ視力が戻ってしまう点があります。オルソケラトロジーの長所から見れば、オルソケラトロジーは眼にメスを入れることなくまっさらの眼で回復が望めることにくらべレーシックは角膜を削るため、術後の合併症を心配しなければ行けなかったり、激しいスポールなどで角膜にダメージを追った場合危険度が増すと言う懸念があったりします。


どちらも画期的な視力回復法であるレーシックとオルソケラトロジー、長所短所をしっかり把握した上で選びましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。