スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復全般

視力回復を志す前に:知っておきたい近視の種類

視力回復トレーニングやレーシック手術、あるいはサプリメントなど近視を改善するべく取る方法は近年選択肢が増えている状況です。ここでは視力回復に先立ち、近視のメカニズムを知っておくと役に立つことがあるかもしれないということで、近視について少しお話をしたいと思います。


一口に近視といっても、遠くが良く見えない状態である原因は人により異なってきます。ごくおおまかに分ければ、光の届き方の問題を元にすれば軸性近視と屈折性近視、臨床学の区分では単純近視と病的近視に分けられます。


軸性近視は眼球自体が長くなったため、網膜より前の位置で結像されてしまう状態です。逆に、屈折性近視は角膜や水晶体の屈折力が強すぎるため、結果として網膜より前で像が結ばれる状態です。いずれも病気ではなく形状の問題であるならば、レーシックなどの視力回復手術で回復が可能な場合が多いといえるでしょう。


臨床学的な区分の単純近視とは、いわゆる皆さんが想像している禁止です。概ね年齢と共に進行し、25歳くらいまでで視力が安定します。これに対し、なんらかの視神経の障害によって起こっているものが病的近視です。病的近視は主にかなり強度の近視になります。


屈折異常や視神経の障害によらず、視力がおちている状態を仮性近視(偽近視)といいます。この状態を改善させようというのが視力回復トレーニングの一般的な理論になってくるのですが、お医者さんの見解は様々で、仮性近視の存在自体を否定する人もいるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。