スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復全般

視力回復手術かコンタクトレンズか


視力回復トレーニングに代わり、裸眼の視力回復方法として近年レーシック手術が広まってきましたが、コンタクトレンズの技術進歩によって快適なコンタクト生活が送れるようになったこともあり、視力回復トレーニングかレーシックか、という選択肢よりはレーシックかコンタクトレンズか、という選択肢のほうがシチュエーションとして多くなっているかもしれません。


視力回復手術かコンタクトレンズかという選択の際にポイントのひとつになるのが費用でしょう。単独の費用では片眼10万円を超えるレーシックなどの手術のほうが圧倒的に高く感じますが、手術後は一切費用がかからないと考えるならば、定期的に交換が必要なコンタクトレンズではトータル金額がいつか視力回復手術を追い抜きます。トータルでいくら払うのか、費用をいつ払うのか、と言った点が選択の肝となります。


安全面ではどうでしょうか?コンタクトレンズと言う異物を眼につけるという性質上、コンタクトレンズの装着について100%安全と言える日はこないでしょう。一方のレーシックは手術の安全性も現在では非常に高く、手術さえうまく行けば何の心配も無いと一見捉えられますが、眼に衝撃が加わった場合通常より薄くなった角膜への影響は心配されますし、経年による眼への影響は無いとは言われておりますが、懸念の声もあります。


メリットのみならず危険性、デメリットにも目を向けて視力回復手段を選ぶ様にしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62023576
この記事へのトラックバック

レーシックレーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。マイクロケラト..
ブログ名コンタクトレンズのマメ知識


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。