スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復のトレーニング法

3D画像を自分で作って視力回復トレーニング

ピントをうまい具合に調整すると3D画像が浮かび上がる「マジックアイ」などの視力回復トレーニング本が大ヒットしたのはもう10年ほど前のことです。そういった3D画像を使った視力回復トレーニングは、ひとつのメソッドとして現在でも生き続けています。


さて、こういった3D画像を用いた視力回復トレーニングは、ランダムな図形の中から意味のある図形や文字が浮かび上がってくるさまが一番の感動であり、視力回復トレーニングとしての楽しさ、モチベーション維持の肝となっています。これはランダムドットステレオグラム、略してRDSと呼ばれる画像なのですが、さすがコンピューター時代、ネット上でRDSが作成できるソフトをダウンロードで提供しているサイトがあります。自分で作ったり、自分の好きな画像を立体視できるのは楽しみも増し、トレーニング効果もあがるような気がするものです。


RDSを作成できるソフトは、例えば「酒田市楯山だ!(http://www.ic-net.or.jp/home/hirotosi/)」というサイトから手に入れることができます。こちらであればペイントで作成した画像からRDSが作成できますので、非常に簡単にRDSを楽しめます。


インターネットの恩恵は本当に色々なところで感じられるものです
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72215425
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。