スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復のトレーニング法

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

任天堂DSでおなじみの川村博士による視力回復プログラムをご紹介します。
その名も14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

視力回復法はたくさんありますし、当サイトでもご紹介しています。
では、この商材を買うメリットは何でしょうか?
それは、川村先生という権威ある方の視力回復法だということです。

川村博士は速読協会の会長であり、実際に多くの方の実例をご覧になっておられます。
権威とは単なる威厳というだけでなく、多くの実例を見た上で判断されているという部分が大きいと思います。

私も試してみる予定です。
ぜひ、視力回復に興味のある方にはお勧めします。



視力回復のトレーニング法

視力回復法と眼鏡

視力回復手術やオルソケラトロジーの登場で、ほんの1歩かもしれませんが眼鏡の要らない世の中へと動き出している感覚は誰もが感じているところでしょう。それでも依然眼鏡の着用は「視力を良好な状態にする」という点ではもっとも多くの人が利用しているといって良い方法です。現時点で視力回復手術などと眼鏡着用は、どういった点が選択のポイントとなっているのでしょうか?


わずらわしさ、動きにくさと言う点では視力回復手術などに比べて眼鏡はどうしてもそのあたりを感じることは否めません。特にレーシックは15分ほどの手術で裸眼の永続的な視力回復が実現できるのですから、その後はわずらわしさやスポーツの際などの動きにくさが一気に解消するわけです。見栄えの点でも眼鏡はやや分が悪い感じはしますが、今は眼鏡がファッションとしてのステータスを獲得しているのでそこまでの抵抗は無いでしょう。


視力回復手術等に対する眼鏡の大きなアドバンテージは、価格です。眼鏡は度が合わなくならない限りは物理的な破損が起きるまでは使えます。加えて眼鏡のプライスラインが近年一気に下がった背景も手伝い、視力回復手術などの方法に比べると、眼鏡のトータルコストは確実に低いと言えるのです。


どのポイントを重視するのかが選択の決め手であるといえるでしょう。

視力回復のトレーニング法

3D画像を自分で作って視力回復トレーニング

ピントをうまい具合に調整すると3D画像が浮かび上がる「マジックアイ」などの視力回復トレーニング本が大ヒットしたのはもう10年ほど前のことです。そういった3D画像を使った視力回復トレーニングは、ひとつのメソッドとして現在でも生き続けています。


さて、こういった3D画像を用いた視力回復トレーニングは、ランダムな図形の中から意味のある図形や文字が浮かび上がってくるさまが一番の感動であり、視力回復トレーニングとしての楽しさ、モチベーション維持の肝となっています。これはランダムドットステレオグラム、略してRDSと呼ばれる画像なのですが、さすがコンピューター時代、ネット上でRDSが作成できるソフトをダウンロードで提供しているサイトがあります。自分で作ったり、自分の好きな画像を立体視できるのは楽しみも増し、トレーニング効果もあがるような気がするものです。


RDSを作成できるソフトは、例えば「酒田市楯山だ!(http://www.ic-net.or.jp/home/hirotosi/)」というサイトから手に入れることができます。こちらであればペイントで作成した画像からRDSが作成できますので、非常に簡単にRDSを楽しめます。


インターネットの恩恵は本当に色々なところで感じられるものです

視力回復のトレーニング法

視力回復トレーニングの無料体験

視力回復トレーニングは無料で自宅で行うのではなくトレーニングセンターで行う場合には、やはり安くない投資となります。そこで視力回復トレーニングを始める際にお勧めしたいのが各施設の無料体験です。


もちろん視力回復トレーニングを行う各機関で無料体験の有無やその内容は異なりますが、おおまかに言うと無料体験では視力を初めとした目の状態の検査とトレーニング内容や回復見こみの説明・カウンセリング、実際の視力回復トレーニングの体験が主な内容となってきます。


特に役に立つのが眼の状態の検査です。自分の目がどういう状態であるのかは、検査を受けなければ正確に把握できませんから、非常にありがたいと言えます。ただし、目の状態を把握して自分で視力回復トレーニングを試みるのが目的で、最初から入会の意思無く無料体験を受けるようなことはモラルに反しますので絶対にお勧めしません。


ちなみに、こういった無料体験と勧誘はセットだと考えておいたほうが良いでしょう。無料体験を行う理由は入会者の獲得ですから、勧誘は当然あります。もちろん、正当な勧誘ですから強制で無い限りは当たり前のことだと私は思います。

視力回復のトレーニング法

眼科でも行われる視力回復トレーニング法

視力回復トレーニングの方法は一番一般的に知られる遠方凝視法をはじめとして多くの方法がありますが、眼科で採用されている視力回復トレーニング方法をご存知でしょうか?


眼科で採用、とはいっても、実は眼科ではあくまでも正確な検査をするための方法なのですが、眼科では雲霧法という視力回復トレーニング法を取り入れているところが多いです。


雲霧法は、わざとピントを合わなくした状態で一定時間おいて、毛様体の緊張を解くという方法論に基づいた視力回復トレーニング方法です。眼科においては「ワック」などの自動的に雲霧法を行ってくれる機械を用いて、眼を緊張の無い正しい状態に戻してから視力検査を行うというのが利用法です。眼科では毛様体などを弛緩させる目薬で雲霧法を行うのと同じ眼の状態を作りだし、同様の検査をするような方法も取られています。


一般的な視力回復トレーニングの方法として雲霧法をおこなう場合には、ピントを合わなくしたメガネを使う場合が多いです。ちなみに、雲霧法は別名を「凸レンズ装用法」というだけあり、そのレンズは凸レンズを利用します。

視力回復のトレーニング法

視力回復は乱視でも可能か

視力回復トレーニングや視力回復手術は、主として近視を対象としていますが、乱視については効果の程はどのようなものでしょうか?


乱視とは、目に入ってくる光が網膜に届くまでに屈折の異常をきたして像が二重に見えたり、あるいはぼやけて見えたりする現象です。原因としては角膜の表面がでこぼこしているために光の到達が一定で無くなること、角膜のカーブが一定でないため結像もきっちりきれいに行われないことなどが原因です。


レーシック手術は角膜の形状を形成しなおして屈折を変えて視力回復させる治療ですので、乱視においても物理的に適応可能です。技術が向上してきた現在では乱視の治療を謳うレーシック導入医院が増えてきています。


一方、視力回復トレーニングでも乱視にも効果があると宣言してる施設はありますが、視力回復トレーニングでは眼の構造を変えたり角膜の形状を補正したりはできませんので、ピント調節の機能を高めて眼を疲れにくくしたりと、多種の改善効果は考えられなくも無い、程度に考えるのが良いでしょう。



ちなみに,厳密な意味での視力回復ではありませんが、コンタクトレンズにおいては乱視用のものが多く出てきています。そちらも選択肢のひとつとして外せないでしょう。

視力回復のトレーニング法

時間を有効活用して視力回復させる方法

視力回復トレーニングを行う施設に通わずとも、自宅で視力回復させる方法を試みることは可能です。しかしながら、それでも時間が取れない多忙な方は多いのではないかと思います。そんな人は、日常生活の中で視力回復トレーニングを取り入れた、眼の緊張を和らげピント調節の機能を改善させるトレーニング方法をやっていくことをお勧めします。


例えば、電車通勤で地下鉄ではなく地上を走っている電車に乗っている場合は、視力回復トレーニングの基本要素である「遠くを見る」という毛様体の緊張を緩和させる方法を試す機会が充分にあると言えます。地下鉄でもなるべく遠くにある中吊りを見るようにするなどの方法は取ることができるはずです。


どんなシチュエーションであれ、外を歩く機会が無い人はすくないでしょうから、そんなときに自分で色を決めて、その色の歩行者や車を景色の中で探すのも視力回復トレーニングを日常生活に導入させる方法となります。とはいっても、あまり前を見ずに歩いて人にぶつかったり転んだりしない様に気をつけてください。


特に目の疲れる仕事をなさっている方などは、視力回復以前に視力低下を防ぐ意味でも是非意識してみてください。

視力回復のトレーニング法

視力回復にマジカルアイ


読むだけで視力回復が出来る!というようなふれこみで「マジックアイ」「マジカルアイ」なる書籍が非常に流通した時期がありました。立体視の原理を利用して楽しみながら出来るこの類の視力回復トレーニング本は現在では雨後のたけのこのような状態を脱し、落ち着きを見せています。ここではシリーズを多数出版している宝島社の「マジカルアイ」をご紹介したいと思います。


宝島社が視力回復本として出している「マジカル・アイ」シリーズは優に10冊を超え、果てには視力回復を飛び越えて「記憶力」や「右脳力」がアップするマジカルアイの本がラインナップされています。そのあたりの根拠は分かりかねますが、少なくとも視力回復についてはHP上で根拠の説明がなされています。(http://www.takarajimasha.co.jp/magicaleye/


視力回復以外の分野はひとまず忘れて視力回復トレーニングとしては、大判で980円・文庫本で500円程度で購入できますので、巷で行われている視力回復トレーニングと同様の効果があるとするならば、マジカルアイのコストパフォーマンスは相当高いといえます。


メインを「立体視を楽しむこと」に置き、その副産物として視力回復が付いてくるというのであれば、気楽な気持ちで取り掛かれるというものです。そういった点がマジカルアイの一番の視力回復トレーニングとしてのメリットかもしれません。

視力回復のトレーニング法

眼科で視力回復トレーニング

眼科と視力回復トレーニングは、現状の世の中では常に分離した関係であるのが常なようです。実は、近視の原因や視力回復についてはまだ解明されていない点や諸説入り乱れている部分があり、それゆえに眼科では医学的な見地から完全に根拠を確定はできない視力回復トレーニングを認めていないケースが圧倒的です。中には成長期の仮性近視に対する点眼治療(れっきとした保険適用の医薬品による治療です)を否定する眼科医もいる状態です。


そういったなかでも、探すのはかなり困難ではありますが眼科で視力回復トレーニングが受けられるところは確かに存在します。一例を挙げると、愛知県の高川クリニックでは週1回の機器を使っての視力回復トレーニングと、目薬の併用治療などを行っている様です。


実は眼科には雲霧法のトレーニングと同様の効果のある機械がたいてい備え付けてあるものです。基本的には視力を正確に測るために測定前に機器を使用して眼の緊張をほぐしたり、といった使い方をしています。上に紹介した眼科では、恐らくその機器を利用しているのではないでしょうか?トレーニング体系と医学的見地からの指導の融合は視力回復への来たいを高めますが、実践しているところを探すのも大変な現状は、もったいないですね。

視力回復のトレーニング法

視力回復画像がメルマガでもらえるサイト


視力回復に関してはネット上でも取り上げているサイトは数多くあり、視力回復用の画像を載せたり、視力回復トレーニングを自宅で行えるよう解説してあったり、無料で見られるものに関して言えば、一番リーズナブルな視力回復トレーニングの場といっても良いでしょう。


さて、そんな便利な視力回復に関わるサイトの中で、視力回復画像を定期的にメールマガジンで送ってくれるというサイトがあります。そのサイトは「視力回復と視力検査(http://www.eye-eye.net/)」というもので、視力回復画像の立体視による視力回復トレーニングと、視力検査が行えるサイトになっています。


このサイトは立体視に限らず、視力回復に関する情報が盛りだくさんで、覗いてみて決して損の無い内容となっています。さて、こちらのサイトではランダムで切り替わる視力回復画像をHTMLで紹介し、だれでもサイト上で利用できるようになっており、さらには5・10日に交差法と平行法の視力回復画像が交互にメールで送られてくるメールマガジンに登録することができます。


視力回復トレーニングの単調さに飽きてしまう人、またはついつい忘れがちになってしまう人には定期的に新しい視力回復画像が届くスタイルは案外有効かもしれませんね。

視力回復のトレーニング法

視力回復トレーニングが訓練と称される訳は

視力回復トレーニングは、しばしばその過程が訓練と称されます。例えば視力回復センターを全国で運営する機関は日本視力訓練協会といいますし、視力回復を目的とした機器も、視力訓練機と冠されているものが多くあります。


視力回復トレーニングが「治療」ではなく「訓練」と呼ばれるのは、おそらく取り組みかた、方法論が多くの視力回復トレーニングにおいて訓練と呼ぶに近しいからです。例えば何らかの原因で衰え凝り固まった筋肉をストレッチやマッサージ、あるいはそれに類する効果の器具の利用、そして筋力トレーニングで機能回復するというリハビリテーションが、近いものになるでしょう。行動の実践と持続によって機能を回復あるいは改善させると言う取り組みは、訓練と言うのがやはりしっくりきます。


しかしながら、この事実は視力回復トレーニングにおいては「訓練」と呼べる項目は多くても、「治療」と呼ばれる要素がほとんどないことを現します。外科手術等によらない「治療」に関しては、仮性近視に対しての点眼治療以外は見あたらないのが近視による視力回復の現状でしょう。継続と鍛錬で「訓練」をこなしていくことは結果と共に自分自信に良い影響をもたらすことは間違い無いのですが、受動的な「治療」で視力回復ができる方法もはやく確立してほしいと思います。゙

視力回復のトレーニング法

楽しみながら視力回復・・・マジックアイ





視力回復トレーニングにも色々な種類がありますが、90年代に普及して一次はブームにもなったものにマジックアイ・マジカルアイと呼ばれるものがあります。


視力回復を目的としたトレーニングもさることながら、マジックアイは立体視を楽しむツールとしても注目を集めました。不規則な模様に目を近づけたり遠ざけたりすることで、ある地点でその不規則な模様の中に隠れた絵や文字にピントが合い、さらにはその絵や文字が立体的に見えるようになります。立体視の方法には平行法と交差法があります。ピントが合い、立体視ができたときの爽快感はなかなかのものがあります。


さて、視力回復トレーニングとしてこのマジックアイが利用される仕組みは、主に唱えられているのはピント調節の力を鍛えると言う部分です。また、パソコンなどで疲れた目の筋肉の疲労回復に効果があるとも言われています。効果が絶対的であるという結論はついぞ出ていないのが現状ですが、今に至っても視力回復トレーニング法として確かなポジションを確保している点は評価できるのではないでしょうか。


なによりも視力回復トレーニングとして[遊び]「楽しみ」の要素があるのがマジックアイの一番の特徴と言えるでしょう。自主的なトレーニングにはモチベーションが必要なものです。

視力回復のトレーニング法

イメージングアイで視力回復の体験談





イメージの力で視力回復を図る、カウンセリングからのアプローチという特徴あるトレーニングで昨今注目を集めているのがジョイ石井氏の開発した「イメージングアイ」という視力回復トレーニングです。レーシックという直接眼の構造に働きかける方法での視力回復が広まっている昨今でも、いわゆる副作用的なものの不安が無い視力回復トレーニングは根強い人気があります。


さて、このイメージングアイという視力回復トレーニング、気になるのはずばり有効性でしょう。TVや宣伝文句で1・2週間で驚異の回復をしたという結果が示されてはいますが,宣伝はやはり話半分と考えるべきでしょう。使用者の生の声が見れるものでは、「イメージングアイ」の書籍のレビューなどがあります。そういったところでも、実際に視力が良くなったと言う報告はあるにはありますが、差ほど多くはありません。しかし、カウンセリング方向からのアプローチだけあってリラックスできるという意見が多くあります。それに伴い感覚的に視界が良好になったという声はしばしば見られます。


毎日のPC作業で目が疲れてしまって、視力も悪くなってしまった・・などとお嘆きの方には、メンタル面でのケアも合わせて効果が出やすいかもしれません。

視力回復のトレーニング法

視力回復のトレーニングとは





近視人口が増加傾向の今では、昔以上に視力回復トレーニングが様々な形で世に出ています。視力回復トレーニングとはいってもその方法・原理・視力回復の根拠等は一まとめには出来ないほど多様化しているのが現状です。ここでは根拠や方法論を除いたおおまかな区分で視力回復トレーニングのご説明をしたいと思います。


一番手軽な視力回復トレーニングは、書籍やCD,あるいは低額で簡易な器具を使うものです。最近で名前が知られているものとしては、マジックアイ・マジカルアイと呼ばれるランダムな模様を見ているとその中から立体的な形や文字が浮き上がる立体視を利用した視力回復トレーニングや、イメージの力で体の内側から視力回復を目指すイメージングアイなどがあります。


次に、比較的高額な機械を購入し、自宅で視力回復トレーニングをするものがあります。その機械の効果も様々なのですが、自動的にピントがあったり合わなかったり、遠くを見ていたり近くを見ている状態にすることで眼のピント調節機能を回復させるというものが多いように思います。つまり、形としては本などによる視力回復トレーニングでは自発的にトレーニングを行う必要があるところを、機械の力で受動的に行える、というものです。もちろん独自のメソッドでまったく異なる方法で眼に働きかける機械も存在します。


次に、視力回復センターのような視力回復を専門とする施設でトレーニングを行うというものがあります。こちらは主に上記で説明した視力回復トレーニング機器をその施設でトレーナー指導の下使用するというケースが多いようです。


あくまでも一例としての区分ではありますが、このように視力回復トレーニングはその方法だけでも選択肢が多いことが伺えるのではないでしょうか。

視力回復のトレーニング法

 イメージングアイで視力回復





「イメージングアイ」という言葉を、最近耳にしたことは無いでしょうか。イメージングアイとはTVや雑誌で最近注目されている視力回復トレーニングです。イメージングアイとは、その名のとおり「イメージ」することが重要なメソッドになってくる視力回復トレーニングで、そこが他の視力回復トレーニングと一線を画する部分です。


イメージングアイは書籍とCDで発売されており、その視力回復の方法は著者であるジョイ石井氏が開発したカウンセリングの方法である「イメージング」を基本とします。大雑把にまとめると目がはっきりと見えるイメージを頭の中に植え付け、セルフイメージを変えることで現実の視力も回復しようというものです。メンタルに偏っているきらいもありますが、体に不自然な器具による力を与えずに視力回復を図るという点では確かに安心できる方法として評価はできるのではないかと思います。


心身のリラックスという部分では、視力回復以外でも役に立ちそうなこのトレーニング法、気になる方は「イメージングアイ」の書籍・CDやジョイ石井さんについて調べてみてはいかがでしょうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。