スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復の方法

視力回復トレーニングに最適??大人向け3D画像

視力回復トレーニングにおける近年のトレンドのひとつに、平行法や交差法で立体視した3D画像を眺めることでピント調節機能を改善したり鍛えると言うものがあります。


そういった視力回復トレーニングでは3D画像は主にランダムな模様の中に隠れているものが多いですが、インターネットのサイトなどでは二枚の少しだけ異なった画像を並べて表示する、いたってシンプルな形式のものが提供されていることが多いです。もちろん立体視の仕方が同じなので視力回復トレーニングとしての方法論は同じです。


さて、そんな3D画像の中でも、特に大人の男性が大変興味を持ってトレーニングを行えるかもしれないものを提供しているサイトもあります。それは、いわゆる18禁・成人向けといったジャンルのものです。内容や具体的なサイト名はここでは控えますが、探してみるとひとつふたつ見つかるでしょう。


視力回復トレーニングには的確な方法論と同じくらい継続させるモチベーションが重要になってきます。人様に迷惑をかける類いの者ではないので、もちろん大人に限ってですがこういったものに興味を持ちつつトレーニングを行うのもひとつの手と言って良いでしょう。

視力回復の方法

タイピングで視力回復

視力回復トレーニングは専門機関で行う方法、機器を用いる方法、特に機器に頼らない方法など、やり方のバリエーションは多岐にわたります。さて、昨今ではPCとインターネットを利用してWEB上で視力回復トレーニングを提供している様なHPが増えています。その中で、面白い視力回復トレーニングを無償で提供してくれているサイトをご紹介しましょう。


面白い視力回復トレーニングの方法を提供してくれるのは「視力回復と視力検査(http://www.eye-eye.net/)」というサイトです。こちらは立体視画像の紹介や立体視画像のメルマガによる配信などを行っている、視力回復トレーニングを行う人にとっては大変役に立つサイトなのですが、その中に「視力回復タイピング」というゲームが用意されています。


この「視力回復タイピング」は普通のタイピングゲームなのですが、立体視画像がバックに映しこまれており、立体視することでタイプしやすくなるという作りになっています。遊びの要素の強いこのゲームですが、タイピングというゲーム性への興味、ランキング機能によるモチベーションアップという点で、効果的な視力回復トレーニングになるという見方も出来るでしょう。視力回復トレーニングは、内容もさることながら継続しやすい方法も重要になってくると再認識させられるこの視力回復タイピングです。

視力回復の方法

簡単な視力回復の方法は?



できるだけ簡単に視力回復がしたい、というのは近視の人の究極の望みだと思います。視力回復トレーニングはメソッドの習得と継続性がいりますし、眼鏡やコンタクトは見かけの視力は簡単に上がりますが、購入前の検査に始まり、視力回復はそれを付けている時のみですから、毎日つけたりはずしたりの手間をずっと感じながら過ごすのは簡単とはいいがたいものです。


体感的に簡単と感じる視力回復法はなんといってもレーシックなどの視力回復手術でしょう。受動的に1回、しかも短時間の手術を受けるだけで裸眼視力が回復するのですから、これは簡単といって良い内容です。しかしながら費用はポン、と出せる類の金額では決してありませんので「簡単」ではありますが「手軽」な視力回復とはいえません。


実際の視力回復の実績はともかくとして、試みとして簡単といえるのは立体視を利用した視力回復トレーニング(マジックアイなど)、サプリメントの摂取の2つでしょう。この2つは始めるにあたって、一切の抵抗が要らないといえます。


視力回復とは病状の改善というよりは体の構造を変えるというところに行き着きます。費用と実績を総合して「簡単」といえる視力回復法の登場はもう少し先の話になりそうです。

視力回復の方法

視力回復の薬、ミドリンとミオピン

視力回復には視力回復トレーニングや視力回復手術、いろいろな方法が考えられますが、究極の願いは薬で治療が簡単に行えることでしょう。しかしながら近視は、真性の近視であればそれは眼の構造の問題に起因しますので、薬で治すというのはそもそもが無理があることなのです。


それでも、仮性近視の視力回復は薬を用いて行うことがあります。仮性近視のための点眼薬が、現状では視力回復できる唯一の薬と言えるでしょう。


視力回復の点眼薬のひとつはミドリンで、こちらは点眼することで毛様体の緊張を解くことができる薬です。正確な視力・屈折力などを測る際の検査薬としても使われています。平たく言うと、この薬を使用すると雲無法や望遠訓練法と言った視力回復トレーニングと同じ効果が期待できるのです。しかし、この薬は副作用の懸念があり、医師によっては処方はしていない場合もあります。


もうひとつ視力回復用途で使われる薬は、ミオピンです。こちらは調節機能の改善効果があるとされています。こちらも、薬ならば当然のことですが副作用の懸念はあります。


どこでも処方しているという現状ではないようなので、処方を望む方はここで紹介した薬を出した実績のある眼科を事前に調べ、そこに行くのが間違い無いでしょう。

視力回復の方法

視力回復手術を札幌で

視力回復手術を札幌で受けたと考えるのであれば、インターネットを利用するのが情報収集に一番便利です。視力回復トレーニングを追い抜く勢いで視力回復手術を行う病院が増えていますので、見つからないということは無いと思います。あるいは流行に敏感なネットならではに視力回復トレーニングを行う機関よりも情報が集めやすいかも知れません。


札幌で視力回復手術の実績の多い病院としては、錦糸眼科と神戸クリニックがあります。症例が多くHPにおける視力回復手術の情報も充実していますし、複数拠点という部分では値段設定も地域差などの影響が無いので、とりあえずHPを覗くだけでも参考になることが多いです。


大規模でない病院では東区の誠心眼科病院などがあります。こちらは執刀医が複数名いるので、スケジュールに穴があくことは少ないと思いますが、本当に個人でやっているような病院では医師のスケジュールで受けられる日が限定されてくることは間違いないでしょう。


ちなみに、レーシック手術等視力回復手術の情報サイトなどで札幌徳洲会病院の名前がよく紹介されていますが、2007年10月現在は執刀医がいないためにレーザーによる視力回復手術は行われていません。

視力回復の方法

視力回復トレーニング:神絵式で視力回復

視力回復トレーニングのメソッドは様々ありますが、神絵さんという人物が個人単独で様々な視力回復トレーニングなどを試みた末に確立した独自の視力回復トレーニングをここでご紹介したいと思います。


神絵さんは視力回復について本まで出していますが、その方法論はHPでも見ることが出来ます(http://www5a.biglobe.ne.jp/~ykamie/kaifuku.htm)。自らの視力回復トレーニング体系を「神絵式視力回復法」と銘打ち、紹介をしています。


この神絵さんは本当にいろいろな視力回復トレーニングに取り組んだらしく、著書では本を逆さにして見たり、テレホンカードの穴から線香を見たりというびっくりするようなトレーニングも試したようです。


さて、この神絵式視力回復法は色々な要素があるのですが、HP上で自身が効果があったと感じたものをまとめてありますので、紹介したいと思います。それは目の周りを指でマッサージすること、息を吐きながら少しぼやける位置で字を凝視する、暗いところで光の点を見るというものです。


神絵さん自身が0.05から0.7まで視力を回復させたそうですので、その秘密に迫りたい方はHPや著書をご覧になってみてください。

視力回復の方法

視力回復食品ブルーベリー

「視力回復にはブルーベリー」、最近定説のように唱えられている事象です。視力回復の方法は視力回復センターでの視力回復トレーニング、レーシックなどの視力回復手術、サプリメントなど視力回復作用のあるとされる食品の摂取といったように選択肢が多い現状です。その中でも継続しやすく費用もそれほどかからないと言う部分で取りかかりやすいのがブルーベリーなどの食品を摂取することなのは間違い無く、それゆえにブルーベリー関連の食品が視力回復効果を強く謳って売られるのは市場の要求にかなっているといえるでしょう。さて、そんなブルーベリー、そもそもどういった食品なのでしょうか?


現在ではすっかり日本人の食べ物としてもなじみになったブルーベリーですが、原産国はアメリカです。ヨーロッパでも広く流通し、その中でブルーベリーに含まれるアントアシニンが視力回復に効果的とされ、一部のヨーロッパ諸国では医療的な認可がなされているところもあります。元々が野生種で品種改良は繰り返されてきましたが、基本的にはごく普通の食品と言うことになります。


ブルーベリーで視力回復を図るという方法は、なによりも安全性の面では評価できるものです。視力回復トレーニングも安全面で特に問題の出ることは無いですが、ブルーベリーはなんといっても食卓に挙がっている一般的な食物を摂取するのですから、安全そのものといえるでしょう。

視力回復の方法

視力回復するアイマスク???

視力回復とアイマスク、なんだか相反するような感じもありますが、最近の視力回復グッズでよく出回っているのがピンホールアイマスクです。


視力回復トレーニング用のピンホールアイマスクは、いわゆるアイマスクに小さな穴が複数開いた形状をしています。これをかけて遠くを見てみると、まず確実に視力がよくなったような気がするはずです。カメラの絞りの構造や猫の目を見て分かるとおり、入ってくる光の通り道が狭いほど、近くから遠くまでくっきりピントがあるようになります。いわゆるパンフォーカスというものです。


このような視力回復用ピンホールアイマスクの視力回復の原理は、ピントあわせで緊張を眼に強いることが無くなり、毛様体筋の緊張が解けるという部分にあるとするものが多いです。つまりは、視力回復トレーニングと同様のメソッドを持っていることになるでしょう。


視力回復トレーニングとは別の観点で考えられるアイマスクを使っての視力回復ですが、このピンホールアイマスクを使っても遠くが良く見えないような場合には、いわゆる病的近視を疑う必要があります。つまり、視力低下の原因の根っこを捕らえるのに使い、結果として視力回復へと導くという利用の仕方もあるということです。

視力回復の方法

立体視と視力回復

立体視を利用した視力回復トレーニングは、マジックアイなどの名前で書籍が多く発売され、10年程前にはちょっとしたブームになったこともありました。


立体視はごく簡単に言うと二つの少し異なる画像をそれぞれの目で見ることで脳がそれを立体の一つの画像として知覚する現象で、それはつまり普段景色や人を見たときにそれを立体として捕らえ距離を感じていることそのものです。


立体視による視力回復トレーニング登場の背景には、ランダム・ドット・ステレオグラムの開発が大きく関わっています。ランダム・ドット・ステレオグラムとは、一見ノイズにしか見えない画像からピントの合わせ方により特定の画像や文字が浮かび上がってくるというものです。


なんだかわからない模様から画像が浮かび上がってくる瞬間の感動がモチベーションにつながり、立体視による継続的な視力回復トレーニングを可能にしているといってよいでしょう。そしてピントがばっちりあう場所を、目を上下左右させながら探すことで眼球の運動になり、毛様体筋に刺激を与えることがこの視力回復トレーニングの肝となります。

視力回復の方法

視力回復トレーニングを器具を使わないでやるには

視力回復トレーニングを行うに当たっては正しい器具・正しい使用法・正しい指導、そして定期的な検査が肝要になってきます。その後ろ盾があってこそ決して安くないお金を払って視力回復トレーニングを行う意味があるというものです。しかしながら、別段高い器具を購入しなくても、理論を実践するという意味ではなにも使わずに視力回復トレーニングをするというのは不可能とはいえません。


例えば、視力回復トレーニングで基本とも言える望遠訓練法は、その名のとおり理論としては「遠くを見る」ということですから、特に器具を使用せずとも毎日時間を取って、あるいは作業の合間などに一定時間遠くを見るだけでもそのトレーニングの一端を実践するということに他ならないわけです。


近くと遠くを交互に見たり瞬時に遠近のピントを入れ替えたりという動作も、視力回復トレーニングの理論にかなった動作です。これも当然ながら特別な器具無しにできることではあります。


とはいえ、継続性や進捗の把握などは非常に大事なポイントですから、費用をかけて視力回復トレーニングを受けたり、器具を利用したりするのは無駄では決して無いのです。

視力回復の方法

視力回復体操で目の疲れスッキリ


ここでは、お医者さんの紹介する視力回復体操を紹介したいと思います。視力回復トレーニングのように裸眼の視力上昇を目指してがっちり取り組むようなトレーニングもありますが、目が疲れたなという時に簡単・手軽・迅速に行える視力回復体操を知っていると、眼の疲れを蓄積させずにひいては視力の状態改善に繋がるかもしれません。


ここで紹介する視力回復体操は「医療法人社団 映光会」の運営するサイト「渋谷近視矯正・視力回復相談室(http://www.re-eye.jp/index.html)」で紹介されています。ちなみにこのサイトは視力回復トレーニングについての記述は見られませんが、医療機関で行われる視力回復治療関係について、レーシックから矯正まで色々なことの説明やQ&Aが掲載されていますので、見ておいて損のないサイトです。


さて、件の視力回復体操は非常に簡単なもので、眼をぎゅっと閉じてぱっと開け、上下左右に黒目を動かすというものです。手順や微妙なニュアンスはHPで確認していただくのが間違いないでしょう。もちろんHPにも小難しいことなどは書いてありません。日頃のケアが眼の健康を保ちます。是非、覚えて実践してみましょう。

視力回復の方法

視力回復のマッサージ

視力回復トレーニングよりも簡単で、日常生活の中に取り入れられるものとしては、マッサージが上げられます。視力回復トレーニングは研究された理論に基づいた方法論でそのトレーニングの有効性を知らしめることで視力回復センターへの入会者を募ったりする方法が常ですが、もうすこしくだけた気持ちで行えるのが視力回復マッサージです。


視力回復マッサージのやり方は至極かんたんです。毎日の洗顔の際に、(もしも毎日顔を洗わない人は、衛生の面の面からも是非毎日顔を洗うようにしてください!)眼の周りを重点的にマッサージするようにするだけです。眼の周りで押すと少し痛いようなところがあれば、おそらくそこはツボなので、押しすぎて痛みが残らないように注意しつつ、意識してマッサージを行うと効果的です。


眼の周りの筋肉を柔らかくほぐすように働きかける視力回復マッサージは、理論体系など考えなくとも目的や作用は視力回復トレーニングに近しいものがあるので、効果も確実ではないにせよ、期待できるのではないでしょうか?


視力回復トレーニングを行っている人も、補助的に視力回復トレーニングを取り入れることでさらに良い効果が生まれるかもしれませんね。

視力回復の方法

ツボマッサージで視力回復

視力回復トレーニングはやってみたいけど継続する意思が問題だ・・・などという方のために、視力回復に良いとされるツボのご紹介をしたいと思います。双方継続することで効果が現れる点は同じですが、視力回復のツボを押すというだけであれば視力回復トレーニングよりも気軽な気持ちで、長続きするのではないでしょうか?


視力回復に有効とされるツボは、当然というか、眼の周りに集中しています。皆さんも目が疲れたときに、自然に眼の中心部をつまんだりしませんか?そこが、ちょうど天応というツボになります。このあたりを両の親指でぐりぐりと押しもみすると、良いようです。反対に眼の外側の押すと痛い部分も、視力回復に効果があるとされているツボです。ここは太陽という名前が付いているようです。


最初に継続するという点では同じと書きましたが、視力回復トレーニングとツボにある決定的な差は「理論」です。視力回復トレーニングはそれが100%正しいかはともかく、原因を軸にしてその原因に作用するようにアプローチをします。その点、ツボは東洋医学的なセンテンスで、おおまかな感覚での説明しか出来ないところがあります。


いずれにせよ、ツボはお金のかからない視力回復方法ですので、試してみて損は無いでしょう。

視力回復の方法

視力回復の最先端:レーシックとオルソケラトロジー

古くからある視力回復トレーニングから3D画像の本、サプリと様々な方法が登場する視力回復ですが、現在の最先端はレーシックとオルソケラトロジーでしょう。機器によらない視力回復トレーニングやサプリ摂取などは特別な制限や準備も無く自宅ですぐに始められますが、レーシックとオルソケラトロジーは医療機関に係る必要があるものです。この最先端の視力回復法、どのようなもので、どのような違いがあるでしょうか?


レーシックは角膜をレーザーで削る手術、オルソケラトロジーは夜間コンタクトレンズで角膜に「くせ」をつける療法ですので、両者の間には方法において明確な違いがありますが、視力回復法としてレーシックとオルソケラトロジー両方に言えるのが裸眼での視力回復状態が得られ、矯正器具無しで活動ができるようになるという点です。あまり喜ばしい共通点出はありませんが、片方の眼の施術で10万単位で費用がかかると言うのも共通しています。


この二つで異なる点は、まずレーシックは即日で効果があり、その後は特に施すことが無く視力回復状態が続くのに比べて、オルソケラトロジーは長く続けるうちに安定期に入り回数は減らせるものの継続利用しなければ視力が戻ってしまう点があります。オルソケラトロジーの長所から見れば、オルソケラトロジーは眼にメスを入れることなくまっさらの眼で回復が望めることにくらべレーシックは角膜を削るため、術後の合併症を心配しなければ行けなかったり、激しいスポールなどで角膜にダメージを追った場合危険度が増すと言う懸念があったりします。


どちらも画期的な視力回復法であるレーシックとオルソケラトロジー、長所短所をしっかり把握した上で選びましょう。

視力回復の方法

視力回復グッズについて

視力回復トレーニングのメソッドを自宅でも実践できるような機器は概ね高額で流通していますが、もっと手軽で手頃なグッズと呼べるようなものは市場にあるものでしょうか?


広義で視力回復トレーニングと同様な効果をもたらす手頃なグッズと言えるのは、視力回復関連の本でしょう。特にマジックアイと呼ばれる類のものは、効果はさておき理屈を考えず楽しみながら行えるというメリットの大きいものです。


視力回復トレーニングとは別のアプローチでの視力回復グッズは、サプリメントでしょう。サプリメントは医薬品ではありませんので効能を確定的に謳えないため、効果の程を検証するのも難しいのですが海外では医薬品として扱われる視力回復サプリも存在します。


その他に出まわる視力回復のグッズと言えるもので、比較的良く見るのはピンホールアイマスクでしょうか。視力回復への直接的な効果は未知数ですが、光学的な理由で、遠くのものが良く見えるのは間違い無いです。視力回復訓練の本に付属するような視力回復トレーニング用のカードも視力回復グッズと言えるでしょう。


レーシック手術という画期的で確実な視力回復法が普及した現在ですが、気軽なグッズで視力回復を目指すのもひとつの選択肢です。

視力回復の方法

3D画像で視力回復・・・立体視の仕組み

マジックアイ・マジカルアイなどと呼ばれる、なんだか分からないような模様を見続けて3D画像が浮かぶように眼を働かせることで視力回復を図る視力回復トレーニングは、皆さんご存知かと思います。3D画像を見るように眼を働かせることでピント調節機能を鍛え、視力回復を云々・・・という原理はともかく、それよりもなによりも気になるのが、どうして何かが隠れているようには見えない平面などを見ているのに確固とした物体が立体に浮かび上がって見えるのか、ということです。ここではそんなお話をしたいと思います。


マジックアイなどは、実は一見何も隠されていないランダムとも思える模様の中に、左右でほとんど同じ形の図形や文字の形が隠されています。このほとんど同じという部分は、立体に見える仕組みに関わってきます。


そもそも人間が見えるものを立体と捉えられる理由は、同じものを見ていても左右の眼に入ってくる画像が眼の位置が離れているために微妙に異なり、その画像の差を脳が受け取り、処理して立体と認識させているからです。つまり、擬似的に左右差をつけた画像をそれぞれの眼で見れば、その画像は立体に見えることになります。その原理が良く分かるのがステレオ写真です。


左右が仕切られていなくても、左右差をつけた画像を平行法や交差法という方法で1点に結像させれば、その画像が脳の働きで擬似的に立体に見えるというわけです。


原理がなんとなくわかるだけでも3D画像で視力回復トレーニングの効果が上がりそうな気がしませんか?

視力回復の方法

視力回復にアスレチックを?愛知で受けられる視力回復トレーニング


視力回復を目的とした、「近視アスレチック」という一風変わったトレーニングを行う施設が愛知県にあります。果たして、従来あるような視力回復トレーニングとどのような違いがあるのでしょうか?


「近視アスレチック」なる視力回復法を取り入れるのは愛知県津島市をはじめ横浜と岐阜に拠点を持つ「眼育総研(http://www.469up.jp/index.html)」です。眼育総研は、従来あるような視力回復センターの遠くを見るという部分に特化した視力回復トレーニングでは一元的な改善にしかならないと唱えます。


眼育総研が目指すのは「眼の運動神経の向上」であり、パソコンやTVゲームで「現代」の眼の状態に陥っている子供たちを、昔野山を駆け回って遊んでいた頃の眼の状態にもどすことです。


詳しいトレーニング方法がHPに記載されていないのがちょっと残念なのですが、つまり体を動かしながら視力回復トレーニングに繋がることも取り入れて、眼の運動神経を向上させようということであるようです。その理論的なアプローチに加えて、従来の視力回復トレーニングのような「やらされている」つまらなさを解消させるような「遊び・運動」に近いトレーニングであることも売りになっていると思われます。


お子様の視力回復トレーニングを検討されている愛知在住の方は、ためしにHPをご覧になってはいかがでしょうか?

視力回復の方法

視力回復の目薬


視力回復が目薬で簡単に出来るなら、訓練とも称される視力回復トレーニングやわずらわしいコンタクトレンズ装着とも簡単にさよならできるでしょう・・・・。


実は、狭義で視力回復用の目薬というものは存在します。それは、病院で処方してもらうことが可能なものです。とはいえ、この目薬は万人に効果のあるものではありません。ここで狭義と書いたのは、この目薬は子供に多い仮性近視の治療にのみ有効なものだからです。


仮性近視は近くを見続けることで毛様体の緊張が取れずらくなった状態とされています。そこで数ある視力回復トレーニングは様々な方法でその緊張を取るように働きかけるのですが、視力回復用の目薬はその緊張を薬で取ってしまおうというものです。


この目薬を差すと、眼の調節が利かなくなり光を非常にまぶしく感じるなどの症状が出ますので、夜寝る直前に点すのが主な使い方になります。


実は私もこの目薬で治療を行ったことがありますが、確かに治療を行うことで視力が改善されたのは事実です。大人の近視の原因等はまだ完全に解明されていない点がありますが、仮性近視に関しては治療法がある程度確立しているというのは間違いないでしょう。

視力回復の方法

視力回復のソフト

1億総コンピューター世代の現在、視力回復のソフトなどと言うのも有料・無料含め多く出まわっています。視力回復トレーニング・視力回復手術・視力回復サプリメントと種々のアプローチのある視力回復ですが、PCのソフトで行う視力回復とはどのようなものでしょうか?


そもそも、パソコンを使用することで目が悪くなるとは良く言われることなので、パソコンを利用して視力回復とは不思議な感じもするのですが、もちろんトレーニングを前提としたソフト上の画面の動きはピントが1点に固まってしまうようなものとは違います。メソッドとしては種々の視力回復トレーニングのものと同様で、眼の緊張を解き毛様体の動きを回復・改善するというのが大半です。


ソフトで視力回復を図るという部分で一番のメリットは、インターネットの強みにつながりますが、多くのソフトを無料で手に入れることが可能だということです。本を買いに書店に走る必要すらないと言うことです。反面無料で配布しているものに全幅の信頼がおけるかというのは疑問視されるところで、メインで行っている視力回復トレーニングなどの補助として使うような気軽さが適当かもしれません。

視力回復の方法

視力回復の方法





近視人口がますます増加傾向にある現代、視力回復には様々な方法が用いられています。視力回復の方法にはいったいどういったものがあるのでしょうか?


厳密には視力が回復すると言うわけではありませんが、視力を適正な状態にするという点で最も一般的なのがメガネやコンタクトレンズによる矯正です。コンタクトレンズについては1日使い切りタイプの進化によってわずらわしいイメージが払拭され、よりポピュラーなものになってきています。また、薄型レンズの登場や安価でおしゃれなメガネを売る販売店が多く出現するなど、メガネもファッションとしての価値が高まりこれらの矯正方法に関するマイナスイメージは完全に無くなっていると言って良いでしょう。


近年非常に話題に挙がっている視力回復法が、レーシックです。非常に大雑把に言うと角膜をレーザーで物理的に加工することで屈折率を調整し、適正な位置にピントが合う様にするというものです。裸眼視力があがるという点で非常にメリットの大きい方法ですが、費用が高額であることと安全性への懸念などが取り沙汰されています。


次にポピュラーなのが、様々な方法での視力回復トレーニングです。器具・方法ともに多種多様で一まとめにするのは乱暴な視力回復トレーニングですが、継続性や個人差による所が多いのが様々な視力回復トレーニングに言えることです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。