スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復の手術

品川近視クリニックのスーパーイントラレーシックで視力回復

品川近視クリニックはレーシックを始めとする視力回復手術で有名な病院ですが、最近の品川近視クリニックが一番おすすめしているのがスーパーイントラレーシックという視力回復手術です。視力回復トレーニングを退け、今や視力回復のスタンダードともいえるレーシック手術ですが、品川近視クリニックではどのように進化したレーシック手術を行っているのでしょうか?


品川近視クリニックの一押し、スーパーイントラレーシックはレーシック手術の際にフリップをレーザーで作るイントラレーシックという視力回復手術には違いないのですが、品川近視クリニックがこの視力回復手術に「スーパー」と銘打っているのはそのレーザーの設備に秘密があります。


品川近視クリニックが使用するのは「イントラレースFS60レーザー」というもので、もちろん最新鋭のフリップ作成用機器です。正確で微細なフリップ作成に伴い、安全性と共に視力回復の幅も広がり、1.0以上に視力が回復する割合は通常のレーシックよりも5パーセントも高いという統計が見られます。


視力回復トレーニングの方法も多様化を見せていますが、視力回復手術もいっそうの進歩を遂げているようです。

視力回復の手術

視力回復手術の無料説明会が受けられる名古屋の病院


視力回復トレーニングに代わって視力回復手術が裸眼視力改善のスタンダードになりつつある現在、大都市名古屋では視力回復手術を行う病院は選ぶのに迷ってしまう数が存在します。そんな名古屋の病院の中で、今回は視力回復手術の説明会を無料で受けられる親切な病院をひとつご紹介しましょう。


その病院は名古屋市昭和区にある「いりなか眼科クリニック(http://www.irinakaganka.jp/index.html)」です。レーシックをはじめとした視力回復手術、オルソケラトロジーなど最新の施術を受けることが出来、名古屋近辺ではレーシック手術の費用も比較的低料金で受けることが出来ます。さらに、来院に2時間以上かかるレーシック手術を受ける方については宿泊先を無料で提供するというサポートの充実ぶりです。


そんないりなか眼科クリニックでは、レーシックの無料説明会を開催しています。しかも、説明会はただの説明会にあらず、眼の状態を検査して手術可能かどうかなどをチェックもしてもらえます。HPからオンラインで予約を入れることが出来ますので、是非一度は閲覧して見てください。視力回復トレーニングでなかなか回復しない、でも手術はなんとなく怖い・・・と考えている人は、無料説明会を受けてみるのも良いでしょう。

視力回復の手術

愛知で視力回復手術をするなら:名古屋駅徒歩1分のクリニック

愛知で視力回復を試みようとした場合、視力回復トレーニングや視力回復手術と、現在選択肢は多岐にわたります。その中でも共通して気になるのはその施設のアクセスの利便性でしょう。ここでは愛知県の主要都市、名古屋の名古屋駅から徒歩1分でいける視力回復手術を行う医療機関のご紹介をしたいと思います。


そんな好立地にある愛知の病院は「セントラルアイクリニック(http://www.c-e-c.or.jp/erabareru7/index.html)」です。セントラルアイクリニックはレーシック手術等をうりにしてはいますが、最近見られるレーシック手術など視力回復関連の施術のみ行う機関ではなく、総合眼科として運営を行っていますので立地の良さは通常の眼科としてもアクセスの良さが光ります。


セントラルアイクリニックの特色のひとつに、レーシック手術を両眼受けた場合に近隣のホテルに無料で宿泊できると言うアフターケアがあることです。15分で終わる手術とはいえ、術後はやはり心配なものです。ありがたいサービスと言って良いでしょう。


視力回復トレーニングは、レーシックをはじめとする視力回復手術に大きく揺さぶりを掛けられている現状です。サービス面においてもここで紹介したようなものまで登場してきていますので、愛知に限らず視力回復手術が一層シェアを広げて行く姿がますます確認できる様になるでしょう。

視力回復の手術

レーザー治療で視力回復の条件は?


レーザー治療による視力回復は、値段の面を除けばもはや一般的な視力回復方法といってもよいほどの普及を見せており、視力回復トレーニングの地位を脅かすほどの勢いで認知されています。


さて、始めるにあたって特に眼自体に細工などをしないためほとんど人を選ばないといえる視力回復トレーニングに対し、レーザー治療での視力回復はどのくらいの制約があるものなのでしょうか?


レーザー治療での視力回復は基本的には健康な眼の人なら制限無く受けられるのですが、角膜の表面を削って治療するという性格上、角膜が元々薄い人や形状が特殊である場合には施術を受けられないケースも発生します。同様な理由で言えることは、近視の度合いが強すぎる場合には削る許容範囲を超えてしまいますので、やはり施術を拒否される場合が多いでしょう。


白内障や緑内障などの眼の病気を患っている人も、レーザー治療での視力回復は受けられません。その疾病の原因で治療効果がでても視界が改善されない可能性が高いばかりか、合併症などの危険も考えられます。


そして、覚えておきたいのは概ね18歳未満の視力の安定していない時期の子供は、レーザー治療による視力回復手術は受けられません。角膜の厚みには限度がありますので、手術後に視力が落ちた場合に再手術が難しくなってくるからです。

視力回復の手術

名古屋で視力回復手術:体験談がたくさん見られる病院の紹介

名古屋には視力回復トレーニングや視力回復手術を行うところはたくさんあります。そのなかで現在視力回復トレーニングを脅かす勢いで増加しているのがレーシックなどの手術と、それを行う病院です。ここではHP上で視力回復手術の体験談を多く提供している病院をご紹介したいと思います。


その病院は名古屋の金山総合駅よりすぐの立地にある「名古屋アイクリニック(http://www.lasik.jp/index.html)です。こちらでは、レーシックを始めとする最先端の視力回復の施術を受けることが出来ます。


この名古屋アイクリニックではレーシックを中心とした視力回復手術の体験談を数多く見ることが出来るのですが、さらに特筆すべきは医師や病院関係者で視力回復手術を受けた人の体験談が読める点です。一般の人の意見だけではどの程度の信憑性があるのか疑りたくなってしまうのが人情というものですが、病院という肩書きを背負って顔写真つきでコメントを載せるからにはそれなりの信頼をもたれているということになります。


術後の眼の状態を良い面だけでなくドライアイ、夜にじんで見えるといったところを名古屋アイクリニックで視力回復手術を実際に執刀している先生自身の体験談として包み隠さず書いている体験談もありますので、参考とともに信頼も生まれるような体験談になっているといえるでしょう。

視力回復の手術

視力回復手術を行う福岡の病院

種々の視力回復トレーニングに変わり普及し続けているのがレーシックをはじめとした視力回復手術ですが、九州の福岡ではどのような病院で視力回復手術を行っているのでしょうか?


福岡は九州一の大都市福岡市を中心に、視力回復トレーニングを行うセンターも視力回復手術を行う病院も選ぶのに困るくらい分布しています。そのなかで視力回復手術が受けられる病院で代表的なところは、福岡市の天神にある「錦糸眼科福岡院(http://www.kinshi.or.jp/fukuoka/index.html)」でしょう。東京・大阪などの主要都市に拠点を構えるこの病院は、なんと15年前からレーシック手術を行っていた歴史ある病院です。


2007年10月現在、錦糸眼科では価格競争に対抗して、レーシック手術で両目12万円、イントラレーシックで両目18万円という特別価格を打ち出しています。値段で図れるものではありませんが、今がお得と言うことだけは言えると思います。


もちろん、視力回復手術が受けられる福岡の病院・眼科は上記の錦糸眼科以外にかなり存在します。ここで紹介した理由は、ひとまず全国標準・有名どころでの費用や設備を、ここで見てから他のところを調べることである程度の参考になるのではないかということです。ちなみに、手術に関しては値段だけでなく、症例数や設備、質疑応答などにもきちんと眼を通して信頼できる病院か否かを判断するようにしましょう.

視力回復の手術

視力回復手術:レーシックを受けられない人にも受けられる最新手術

視力回復手術、特にレーシック手術は、視力回復トレーニングぐらいでしか道の無かった裸眼の視力回復に革命をもたらしたと言っても過言ではありません。一回の値段は視力回復トレーニングやコンタクトなどによる矯正よりも高額ですが、視力回復手術はレーシックなら今や片目10万程度でうけることができ、即日で視力回復が行えるという素晴らしいメリットがあります。


さて、上記の様に非常に恩恵の大きい視力回復手術ですが、レーシックはレーザーで角膜を削ると言う方法から、角膜がもともと薄い人では手術を受けられない場合が発生します。ところが医学はさらに進歩し、そんな人にも受けられる手術も登場してきています。


レーザーによらない最新の視力回復手術で、レーシックを受けることができない人にも施術が出きるのが「フェイキックIOL」です。フェイキックIOLは特殊なレンズを角膜と虹彩の間に設置することにより、光の屈折を調整してピント位置を適性にするというものです。この手術はレーシックが駄目な人も受けられるというメリットだけでなく、万が一のときには埋めこんだレンズを外すことが可能で、可逆的な点でもメリットがあります。


まだ受けられる病院は少ないですが、注目度の高い手術です。

視力回復の手術

レーシックが受けられない人のための視力回復レーザー手術

視力回復といえば、レーシックというレーザー手術が現在では一番ポピュラーな方法になっています。しかし、視力回復トレーニングなどに比べて確実性と即効性でメリットの大きいレーシック手術ですが、惜しむらくは万人がこの手術に適合するわけではないという問題があります。


レーシックの視力回復の仕組みは、レーザー手術というだけあって大雑把に言ってしまえば角膜を削って眼に入る光の屈折率を変え、ピントを良好にするというものです。その際にレーシック手術では角膜の表面を切ってフリップと呼ばれるふたを作ります。つまり、フタを除いた後の角膜の厚みが足りないと、手術が出来ないということになるのです。


そこで角膜が薄くてレーシック手術に適さない人も受けられる視力回復の手術として登場したのがレーゼックというレーザー手術です。


レーゼックはレーシックと手術の原理は替わりませんが、アルコールによってふやかした角膜の表面を剥がしてフリップを作るという点がレーシックと異なります。この作業ではレーシックよりも薄いフリップを作ることが出来るため、角膜の薄い人にも対応が出来るというわけです。ただし、術後の痛み・視力回復の遅さ・角膜混濁のリスクなどにおいてはレーシックに劣る部分があります。


レーシックを断られ、視力回復トレーニングしか道は無いのかと考えている人も、レーゼックを行っている病院で話を聞いてみてはいかがでしょうか。

視力回復の手術

手術によってどの程度視力回復するのか?

レーシック手術による視力回復を行う人の数は、年々増加しています。今までは裸眼視力の回復となると自宅やセンターで視力回復にいそしむより他に手立てが無かったというのが実際で、即日で視力回復が出来るレーシック手術はいまや視力回復のスタンダードといってもおかしくないほど普及しています。


レーシック手術による視力回復で気になるのが、どの程度視力が回復するのかという点です。実は、元々強度近視の人はもちろん、軽度の近視の方であってもレーシック手術を行ったからといって皆が2.0まで視力回復するということはありえません。レーシックを行っている病院の実績を見ても分かるとおり、術後の視力分布のピークは1.0あたりにあります。まれには1.0に届かない症例もわかります。


基本的に1.0以上という比較的あいまいな記述が多いレーシック手術の術後視力ですが、これは手術の性質に関わっているといえます。レーシック手術はすなわち角膜を削る手術なので、多く削ってしまうと取り返しがつきません。したがって、再手術の余裕や安全面を考えれば、目標を裸眼での日常生活程度に添えるのが適当なのは言うまでも無いでしょう。


物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、視力回復トレーニングが持たない確実性と即効性があるレーシックは、やはりスタンダードと呼べる存在になっているのではないでしょうか?

視力回復の手術

レーザーでさらに進化する視力回復手術

レーザーで角膜を削り、焦点を適性にするレーシックという視力回復手術は、視力回復トレーニングなどでしか図れなかった裸眼の視力回復をかなり確実性のあるレベルで可能にしました。


レーザーが使用される前の視力回復手術は、ダイヤモンドメスで直接角膜に刃を入れるというもので、医者の大変高い技術が必要とされ、かつ術後の痛みの引きも長くかかりました。安全で狙いの定めやすいレーザーの使用は視力開腹手術に大きな進化をもたらしたと言えます。


レーザーによる視力回復の進化は、そこだけにとどまりません。レーシック手術は角膜にレーザーを照射する前に、角膜上皮をマイクロケラトームというカンナのような機械で切り、フラップと呼ばれるふたを作成します。そのフラップ作成までもレーザーでやってしまうイントラレーシックと言う手術法が、最近では普及してきています。


イントラレーシックでのフリップ作成はコンピューター制御により行われます。その正確性と、角膜上皮を薄く削ることで幅広い施術が可能になるという部分でマイクロケラトームに変わるフリップ作成法として広まっているわけです。


安全性・正確性がどんどん向上する視力回復手術。安全面の懸念から選択肢から外し、視力回復トレーニングなどを行ってきた人も、そろそろ検討する時代になってきたのかもしれません。

視力回復の手術

視力回復トレーニングが受けられる大阪の施設

レーシックが普及した現代でも、薬や手術によらない視力回復トレーニングによる視力回復を目指す機関・施設は数多く存在します。さて、そんな視力回復トレーニングが受けられる施設は、大阪においてはどんなところがあるのでしょうか?


視力回復トレーニングを行っている大阪の施設では、有名どころには日本視力訓練協会の「視力回復センター(http://www.siryoku.jp/)」をはじめとして、「東京視力回復センター(http://www.tokyo-shiryoku.co.jp/)」や「アイ・トレーニング快視研(http://www.eye-training.com/)」があります。これらの機関はアプローチは異なれど、毛様体筋に作用する視力回復トレーニングを行う点では方法論と目的には近しいものがあり、特に子供の仮性近視に効果があるトレーニングを行なっている機関となります。


特に子供に多い仮性近視においては、これらのセンターで受けられる視力回復トレーニングが有効であるといえます。加えて支店が多いということは口コミなどによる情報を得やすいというメリットもありますので、お子さんが視力回復トレーニングを受けられる施設を大阪でお探しの方は、とりあえず上記の3機関のHPをご覧になることをお勧めいたします。

視力回復の手術

視力回復手術に失敗はあるのか?

ここでは、視力回復手術の失敗のリスクなどについてお話をしたいと思います。即効性と確実な視力回復が望めるという点で、視力回復手術は視力回復トレーニングを追い抜いて裸眼の視力回復のスタンダードになりつつあります。しかし、レーシックなどの視力回復手術は、角膜を言って見れば傷つけることによって光の入り方を変えるものなので、当然ながら失敗したらどうしようという不安は生じてしまいます。


現在、ことレーシックに関しては手術の失敗例はほぼ聞きません。ですから、手術が失敗して失明などという重篤な事態に陥る可能性は、それこそ飛行機事故にあう確率よりも低いのではないでしょうか?ただし、視力回復手術には狭義に失敗と呼べる部分や、リスクは当然存在すると思っておいて間違いありません。


視力開腹手術にまつわってよく言われるのがドライアイと感染症、そして長期間経過したとき近視に戻ってしまうという懸念です。角膜の感度が鈍ることでドライアイが誘発される危険性は指摘されていますが、3ヶ月程度でよくなるという報告もあります。感染症に関しては、もはや視力回復手術というカテゴリーではなく、医師や医院単体での技術・衛生管理の問題といってよいでしょう。経年による近視への退行は、失敗というよりは別原因である可能性が非常に高く、技術的な問題とは考えにくいです。


基本的に視力開腹手術において、失敗に対する不安は杞憂といってよいですが、手術によって生じる可能性のあることはしっかり事前に理解しておいた方がよいでしょう。

視力回復の手術

視力回復手術、大阪で有名な病院は

視力回復手術を行う病院は、大阪や東京などの大都市に留まらず、全国各地で増加しています。かつて裸眼の視力をあげるには、視力回復トレーニングを試みるくらいしか選択肢がありませんでしたが、視力回復手術の登場により確実な視力回復を図ることができるようになりました。さて、その視力回復手術、大阪の病院ではどういったところがよく利用されているのでしょうか?


視力回復手術で知名度・実績・人気において上位にあるのが、品川近視クリニックです。品川近視クリニックは東京の銀座と大阪の梅田に病院を設けており、銀座院ではレーシックの症例数が世界一として認定されるなど、視力回復手術においてはNO.1と呼べる病院です。芸能人・スポーツ選手なども手術を行っている病院として知られています。


神奈川クリニックも視力回復手術では有名な病院で、新宿と名古屋と、大阪では北区に拠点があります。こちらも前述の品川近視クリニック同様、スポーツ選手などの利用が多いところです。


視力回復トレーニングで視力が回復するとしても、成果は半年・1年の単位になります。なるべく早急に視力回復を図りたい人は、やはり手術がおすすめとなるでしょう。視力回復手術を大阪近辺で考えるなら、まずはここで挙げた2つの病院について調べてみると良いでしょう。

視力回復の手術

レーシック手術が受けられない人のための施術は

視力回復業界というものがあるかは分かりませんが、そういった市場の中では、新しい手術法レーシックの登場によって、従来の視力回復トレーニングなどに替わって手術で視力回復を図る人の割合が急速に増えてきています。


視力回復手術のスタンダードは現在、角膜上皮を切り取りフリップと呼ばれるふたを作った後にレーザーで角膜の形状を整形するレーシックです。しかし、レーシックも万能ではなくもともと角膜が薄い人や将来眼に大きな衝撃を受ける可能性がある人には、安全面の問題からレーシック手術は受けることが出来ません。


そういった状況のなかでも、視力回復トレーニングよりも確実に視力回復が望める手術はレーシック以外にも存在します。


例えばPRKという視力回復手術があり、こちらはレーシックと同じ原理の手術で、フリップを作らずに角膜上皮をレーザーで削るというものです。この方法なら前述の理由でレーシック手術の受けられない人にも施術をすることが可能ですが、痛みが引くまで日数がかかること、片眼ずつしか施術が出来ないことが問題点としてあります。


この手術は、具体的に言うとボクサーなど、衝撃を受けやすい職業の人が主に受けることが多いです。レーシックを断られた人も、希望はまだあります。

視力回復の手術

レーシックで視力回復:手術の手順

レーシックという言葉については、視力回復を目指しトレーニングやサプリ摂取などを実践して、いろいろと調べている方なら必ず眼にしたことがあると思います。レーシックは視力回復トレーニングなどに比べ、確実な視力回復が望めるという点で現在最も注目されている視力回復法といってよいものです。さて、そのレーシックというものはどのような手順で行われるのでしょうか?


レーシックで視力回復する原理は、おおまかにいうと角膜を削ることによりピントの合う位置を正常化するということです。したがって、直接眼の構造を変えてしまうレーシックは医療機関での手術以外には認められていません。


レーシックの手術は、角膜を削る前にまず機械で角膜上皮をフリップといわれるフタ状に削り、ふたを開けたようにして角膜が露出した状態にします。その後、エキシマレーザーという医療用のレーザーで実際に角膜をピントが合う形に整形し、先ほど剥がしたフリップを角膜の上にかぶせて抗生剤を点眼します。レーシック手術は角膜に悪影響のないエキシマレーザーとフリップを作成するという方法によって痛みも少なく回復の早い手術を実現しています。


視力回復トレーニングでも回復が望めない人にとっては、検討するに値する手術が登場した現代は恵まれているのかもしれませんね。

視力回復の手術

視力回復のレーザー治療は老眼にも有効か?

視力回復トレーニングが中心であった視力回復業界を席巻したとも言えるレーザー治療、いわゆるレーシック手術は近視の視力回復に確実な効果をもたらします。角膜を切ることでピントの合う位置を適正になるよう調整するという原理は、いままでいまひとつくっきりとした根拠の描けなかった視力回復原理の中でも説得力がありすぎるものでした。そんな視力回復のレーザー治療ですが、例えば老眼には効果があるものでしょうか?


よく聞く話には、視力回復のためにレーザー治療を行ったがそのために老眼になった、などというものがありますが、レーザーによる治療が老眼をまねいたりはしません。たとえ視力回復のためにレーザー治療を行ったとしても、老眼は老化現象ですのでその手術とは無関係な原因で視力の低下が起きてくるのです。


実は、老眼により低下した視力回復に、レーザー治療は抜群の効果は期待できません。ただし、角膜を遠近両用レンズの様な構造にすることである程度の視力回復が望める老眼矯正レーシックというレーザー治療はあります。また、モノビジョンレーシックというレーザーによる手術で近くも遠くもめがね無しで見られるようにする方法はあります。モノビジョンレーシックは片方の眼を遠くを見る用に、もう片方の眼を近くを見るようにレーザーで調節する手術になります。通常のレーシック手術と違い、慣れて労無くピントあわせが出来るようになるには1〜3ヶ月以上かかります。

視力回復の手術

視力回復手術に用いられるレーザーは?

視力回復を角膜をレーザーで切ることにより行うレーシック手術は、施術時間の短さや裸眼視力の確実な回復が望める点で、急速に広まりました。ところでこの視力回復手術に使われるレーザー、聞いて不安に感じる方も多いでしょう。レーザーといえば破壊のイメージがつきまとうのもうなずける話です。それゆえにレーシックが急速に普及した現在でも、視力回復トレーニングなど眼に直接加工を施さない方法で視力回復を図る人は多くいます。


レーシックという視力回復手術に使われるレーザーは、もちろん医療用のものです。そのレーザーはエキシマレーザーという名前で、視力回復のほかに例えば皮膚疾患の治療に使われるケースもあることからも分かるように、医療機関で正しい使い方をする上では危険性はありません。


視力回復にエキシマレーザーが使われるのは、熱や衝撃による角膜へのダメージがないことが理由のひとつです。もう一つの理由は波長が短いために微小で正確な施術が要求される作業に適しているからです。


エキシマレーザーは厚生省にも認可されているように安全性が高いものですので、視力回復トレーニングを長年やったけどどうも視力が戻らないというなどは、レーザーでの視力回復手術について考えてみる余地はあると思います。

視力回復の手術

視力回復の手術はお得か?





視力回復をするにあたっては様々な選択肢が存在し、トレーニングによって器具によらない回復を目指したり、レーシック手術で確実な視力回復を図ったり、あるいはサプリで目の健康状態を改善したりといった方法があります。この中で一番効果がはっきりしている視力回復法がレーシックと呼ばれる手術法です。トレーニングやサプリなどは効果が出る人も多くいますが、なかなか根拠が示されず、個人差が大きいのも実情としてあります。


しかし、視力回復が高い確率で望めるとはいっても、視力回復の手術には高額の費用がかかるという問題があります。視力回復トレーニングならツールを必要としないものであれば極端に言うと無料ということにもなりますが、視力回復の手術には概ね片眼で10万円前後かかります。


こうして書くと果てしなく高額な感覚がありますが、ものは考えようでレーシック手術が半永久的な効果を持つと考えると、使いきりタイプのコンタクトレンズを継続使用した場合と比較すれば、ある時点でレーシックの方がお得と言えるケースにもなります。


大雑把ではありますがワンデイタイプのコンタクトレンズが両眼分1ヶ月5000円とすると、40ヶ月=3年半程度で費用は20万円を超えます。もちろん長期用のもの、または眼鏡となれば計算は変わってきますが装着のわずらわしさが無く、裸眼で視界良好であるメリットも加味すると長い目でお得ということは言えるでしょう。


視力回復に関して手術をお考えの方は、費用的にお得と言える結論にはなりますが、矯正器具を使用した場合やトレーニングで視力が回復する可能性など、いろいろとシュミレーションしてみる余地はあると思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。