スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復センターで視力回復トレーニング

大阪の視力回復センターで眼の徹底検査

大阪は大都市だけあって、視力回復トレーニングを行う視力回復センターが数多く存在します。大体は理論に基づいた視力回復トレーニングを行う機関なのですが、その理論の提唱にはとうぜん個体差があります。ここでは大阪にある、理論に基づいて徹底的に眼の検査をしてくれる機関を紹介したいと思います。


大阪にある「視覚情報センター」は、厳密には視力回復センターではないのですが、視覚検査や眼鏡作成と共にスポーツビジョンという珍しい視力回復トレーニングを提唱・実践指導しています。視覚情報センターでは通常の視力検査とともに両眼での見え方、眼球の動きなど、かなり細かく眼の検査を受けることができます。その後で選択肢として眼鏡の作成やビジョントレーニングの導入がでてくる、という形になっているようです。ビジョントレーニングとは、眼の「感覚」磨くトレーニングで、視力回復トレーニングのメソッドよりも大きく眼の動きの向上を考えたトレーニングです。

この視覚情報センターは、イチローの眼の検査を行った実績もあるようです。大阪で視力回復センターをお探しの方は、資格情報センターについても調べておいて損は無いでしょう。

視力回復センターで視力回復トレーニング

愛知県でうけられる中国式視力回復テラピー

視力回復トレーニングが受けられる視力回復センターは様々なアプローチから視力回復を目指します。その中で、愛知県で面白い方式を取り入れた視力回復センターがありますので、ここでご紹介したいと思います。


愛知県の3箇所に拠点を持つ「東海テラピーセンター(http://www.infonia.ne.jp/~ttc/)」は、厳密には視力回復センターでの視力回復トレーニングとはいえないのですが、中国式視力回復テラピーというものを導入しています。


中国式視力回復テラピーとは従来にも見られるような視力回復マッサージの他に、電気刺激や無痛ハリの施術によって視力回復を図るというものです。治療費に関しては1回2300円という値段ですので、視力回復トレーニングに比べても高いということは無いでしょう。ちなみに、HP内の説明文の中で仮性近視は放っておくとすすんでしまうという説明が治療の肝として記されていますので、治療効果が高いのは仮性近視が中心でしょう。


視力回復センターを愛知で探す際には、このような特殊なアプローチから視力回復を実践する機関があることも頭に入れておいても損は無いでしょう。

視力回復センターで視力回復トレーニング

東京からロサンゼルスまで!恵比寿視力回復研究所で視力回復

恵比寿視力回復研究所は、一見名前を聞くといわゆる視力回復トレーニングを行っている施設のように感じますが、こちらはレーシックなでの視力回復手術を行う、れっきとしたお医者さんの運営する施設です。


恵比寿視力回復研究所は名前のとおりの東京恵比寿を始め、全国各地とロサンゼルスにまで拠点を構えています。恵比寿視力回復研究所ではレーシック以前の手術法といえるダイヤモンドメスでの施術などが可能で、術前に目の状態をチェックし、レーシックに不適合であると判断されればそちらに切り替えての手術も可能です。


恵比寿視力回復研究所では、毎月30名の方に「近視手術パーフェクトガイド」をプレゼントしたり、フリーダイヤルで術前の疑問な悩みなどを相談する場を設けたりと、積極的な活動を行っているようです。


ここで紹介した恵比寿視力回復研究所のように、視力回復手術の普及によって視力回復トレーニング施設でもなく、さりとて眼科でもない視力回復手術専門の施設が増えています。施設の性格をきっちり見極めて、選び間違えの無いようにしたいですね。

視力回復センターで視力回復トレーニング

視力回復センターで大阪に所在する機関の紹介


総合して視力回復センターと称される、いわゆる視力回復トレーニングを行っている施設には似ているようで各々トレーニング理論も使用機器にもやはり違いがあるものです。西の主要都市大阪では、数種類の視力回復センターが存在します。ここでは大阪にある各々の施設の紹介を感嘆にしたいと思います。


視力回復トレーニングをおこなう施設で歴史が古く有名なのが、「日本視力訓練協会(http://www.siryoku.jp/)」の運営による視力回復センターでしょう。大阪府では最多の5箇所に拠点を構えています。こちらの視力回復センターでは主として遠方凝視訓練を行っています。


東西に拠点を持ちながら“東京”と冠しているのが、大阪には2箇所の拠点を持つ「東京視力回復センター(http://www.tokyo-shiryoku.co.jp/index.shtml)」です。こちらは室内凝視訓練という、望遠訓練を独自に室内でも行えるようにカスタマイズした視力回復トレーニングを提唱しています。大枠では前述の視力回復センターと大きく違いがあるとは言えませんが、ネットショップで色々な視力回復グッズを販売していたりしますので、各々確認して損はないでしょう。


実は大阪府に7拠点と数が多いのが、「アイ・トレーニング視快研(http://www.eye-training.com/index.html)」です。こちらでは独自の遠近切替視の装置を使ってのトレーニングが基本ですが、その理論は前述の2つの施設と大きく変わりません。


それぞれの特徴をよく確認して、自分やお子様にあった視力回復センターを選びましょう。

視力回復センターで視力回復トレーニング

視力回復が行える札幌の施設


視力回復の方法にも視力回復トレーニング、レーシック、サプリなどなど色々ありますが、北海道の中心地札幌では、視力回復に関する主要な施設ではどんなところがあるのでしょうか?


例えば札幌でレーシック手術を受けたいのであれば、まずは複数の拠点を持つ有名どころである「錦糸眼科(http://www.kinshi.or.jp/)」と、「神戸クリニック(http://kobeclinic.blog119.fc2.com/)」について調べてみると良いでしょう。錦糸眼科はその症例の実績はもとより、レーシック手術が2007年10月現在では両目12万円からというかなりの低価格で受けられるのが現状では最大のセールスポイントだと思います。神戸クリニックは生涯保障を売りにしており、再手術はおろか角膜移植までを保障しています。もちろんレーシックをはじめとした視力回復手術を行っている病院は札幌には他にもたくさんありますが、相場や設備を確かめる意味でもまずこの2つをチェックしてはいかがでしょうか。


視力回復トレーニングを札幌でお望みであれば、中央区に日本視力訓練協会の視力回復センターがあります。視力回復トレーニングとしては歴史が古く、オーソドックスなスタイルといえますが、利用者が全国に渡る分評判等の情報も集めやすいという点では入会前にその実情を調べやすいといえるでしょう。

視力回復センターで視力回復トレーニング

視力回復トレーニングが行える広島の施設

視力回復トレーニングが行える施設は全国に多く見られますが、広島には度のような施設が存在するのでしょうか?レーシック手術が普及して以来、病院での視力回復がスタンダードになりつつありますが、特に子供においてはトレーニングの効果がでやすく、メスを入れるという行為への抵抗も無い視力回復トレーニングは依然として人気が根強いです。


広島では、全国展開する視力回復トレーニング施設としては広島市内に二箇所、福山市内に一箇所「アイトレーニング視快研(http://www.eye-training.com/index.html)」の拠点があります。アイトレーニング視快研は遠くと近くを交互に瞬間的に切り替えて見る装置を利用することで、毛様体をストレッチし、鍛えるという「遠近トレーニング」を取りいれています。HP上で簡易的な視力検査なども出きるので、一度覗いてみるのも良いでしょう。


視力回復トレーニングを行う施設で、広島の有名所と言えば「広島視力回復センター(http://www1.ocn.ne.jp/~ando55/siryoku.htm)」ではないでしょうか?ここではトレーニング機械を使った一般的な視力回復トレーニングをはじめ、高周波や低周波、あるいは整体といった実に様々なアプローチで視力回復に取り組んでいる様です。


多くの紹介ではないのですが、広島にお住まいの方は参考にしてみてください。

視力回復センターで視力回復トレーニング

東京視力回復センターで視力回復


東京から沖縄まで、全国津々浦々に「視力回復センター」という名前の視力回復トレーニングを実践・指導する期間は存在します。「東京視力回復センター」も、そういった機関のひとつです。


「東京視力回復センター(http://www.tokyo-shiryoku.co.jp/)」は、視力回復センターとは銘打っていますが日本視力訓練教会の「視力回復センター」の東京支部ではありません。東京視力回復センターとして首都圏・大阪・福岡に拠点を持つ機関です。


東京視力回復センターで行われているトレーニング方法は、室内凝視訓練法が主となります。遠くを見ようとすることによって毛様体筋の緊張を解き、ピント調節の機能を取り戻すという望遠訓練法を室内で行うことが出来るようにしたものが室内凝視訓練法となります。東京視力回復センターにおいてはこの訓練法を軸に、訓練や指導、定期診断とアフターフォローを行い、6ヶ月から1年での視力回復を目指します。


費用は入会金10000円、視力回復トレーニングを継続するにおいては月額が10000円〜20000円となっており、この上に器具が必要な場合にはその分が加算されます。東京視力回復センターのHPでは視力回復器具の購入ページがあり、値段を確認することができます。視力回復トレーニングを検討するしないに関わらず、眼の構造などについての説明もありますので、一度覗いておいて損は無いと思います。

視力回復センターで視力回復トレーニング

視力回復センターで視力回復トレーニング





視力回復センターという名前を耳にしたことが、一度はあるかも知れません。視力回復を矯正器具や手術によらないトレーニングによって図る方法に絞ってもその種類は数多あるのですが、視力回復のためトレーニングを実践・指導する機関にかかることで行うかたちで有名なのが、全国に拠点を持つ視力回復センターです。


視力回復センターは日本視力訓練協会が運営する視力回復トレーニングのための施設で、スタンスとしては足繁く通って視力回復トレーニングを行うというよりは、方法論・トレーニング方法を指導して自宅で継続トレーニングしてもらい、来てもらうごとに視力測定を行い進捗チェックとアドバイスをするというような形です。


視力回復センターでは毛様体の緊張が戻らなくなった状態を近視の原因と捉え、遠くを見ることで毛様体の緊張を解き、鍛えるという遠方凝視訓練をトレーニングの方法として採用しています。具体的な実績は数字としてはHPなどに謳ってはいませんが、30年の歴史を誇ってなお運営を続けているという点はひとつの評価対象として考えていいと思います。


お子様の目を直接いじることなく回復させたい、と考える方は、視力回復センターのHPを一度ご覧になってはいかがでしょうか?(HPアドレス http://www.siryoku.jp/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。