スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

子供の視力回復トレーニング

小学生の視力回復トレーニングについて考える

小学生という時期は,視力回復トレーニングの効果が出やすいのは間違い無いことなのですが、かといっておなかが減ったらごはん、というような流れで小学生はすべからく視力回復トレーニングすべしとも言えない部分はあります。


ひとつ考えに入れなければいけないのは小学生は視力回復トレーニングで視力が回復しやすいとともに、近視が進行しつづける時期でもあるということです。現在の眼に関する考え方の傾向では、視力回復トレーニングで回復しやすい仮性近視と眼球の屈折によって起こされる真性近視は因果関係を否定されています。真性近視の進行が大きな近視の原因であるなら、視力が安定するまでコンタクトやメガネによる矯正で対応して行くという選択肢も考えうるのです。


もうひとつは持続性の問題で、ゲームのような面白みはそれほど無い場合の多い視力回復トレーニングは小学生が続けていけるのか、塾や習い事で多忙な現在の小学生に視力回復トレーニングをしに施設に通う時間が捻出できるのかということも考えてしまいます。


それでも、総合的に考えメリットがあるのであれば小学生のうちからメガネをかけさせるよりは視力回復トレーニングで裸眼視力を維持し、元気に走り回って欲しいものです。親御さんはしっかりと考察をして、最良の選択をしてあげましょう。

子供の視力回復トレーニング

視力回復におけるヤングとアダルト

視力回復トレーニングや視力回復手術、選択肢はたくさんありますが、いわゆるヤングとアダルトではその選択は異なると言って良いでしょう。


眼の発達過程にあるヤング、つまり学童や未成年は眼の構造に変化がある余地がまだあり、せっかく良い状態になった視力が戻ってしまいかねないという理由で視力回復手術は受けられません。加えてその年代の近視では目の緊張状態が原因で起こるとされる仮性近視が多いことから、総じて視力回復トレーニングの効果が出やすい環境にあります。つまり、ヤングが視力回復として取る選択肢は点眼治療や視力回復トレーニングが主という形になります。また、成長期の体・心に重要な姿勢もきっちりすることが、ヤングには重要です。


対して、アダルトについては効果の面では視力回復手術が一番に挙げられるでしょう。アダルトになれば蓄えも増えてきますから、そういった面でもこのことは言えます。そして、視力回復と共にアダルトは疾病に対しての対策・視力維持ということも重要になります。具体的には、例えばルテインを含む食品をとり、緑内障などを予防するといったことになります。


年齢にあわせた対策を講じて、なるべく効率的に視力回復を目指したいものです。

子供の視力回復トレーニング

視力回復市場と小学生の現状

視力回復トレーニングは、レーシックが主流といってよい状態となった現在でも小学生を主なターゲットとしてさかんに宣伝されています。レーシックが眼の構造の安定しない学童期にはまず施術を受けられないという事情で、視力回復トレーニングの需要が小学生・中学生などには特に残っているという理由ももちろんありますが、それ以上に日本が近視社会というべき事態に陥っていることが原因であるのは、統計からも読み取ることが出来ます。


文部科学省の「平成18年度学校保健統計調査」を見ると、近視の子どもの全国的な割合を確認することが出来ます。小学生全体での統計を見ると、視力が1.0以下の子供の割合は28.36%で、実に4人に1人の視力が1.0を割っているという結果が出ています。近視の割合は年齢が高くなるほど大きくなり、小学校6年生ではなんと4割近くの子供が1.0以下の視力となっています。


統計を見ると、近視社会の現状が浮き彫りになります。視力回復トレーニングが小学生向けに宣伝され続けるのも、時代の要求といえるのでしょう。トレーニングや薬物・手術による視力回復だけでなく、根本的な原因を突き止める動きも求められてしかるべきだと私は思います。

子供の視力回復トレーニング

子どもの視力回復トレーニング・治療と共に大切なこと

子どもの視力回復はレーシックなどは基本的に受けられないため、視力回復トレーニングやメガネなどによる矯正がいまだ主流です。子どもに多い仮性近視に視力回復トレーニングが効果的とされていることも手伝い、子どもの目が悪くなったら視力回復トレーニングで視力回復、万事OKと考えている人も多いのではないでしょうか? 


しかし、子どもにとって忘れてはいけないのは視力回復とともに視力を落とさない生活習慣を身に着けさせることです。それは大きく見れば子どもの健康そのものに関わってきますので、ぜひともそのあたりにも気をつけていただきたいものです。


具体的にいうと、まずは姿勢と明るさの問題があります。本を読む姿勢、文字を書く姿勢は正しい方が当然眼が疲れません。また、照明は暗すぎるものを使うと眼に悪影響があります。生活の中に遠くを見て眼を休ませる習慣を取り入れることも重要で、食生活もバランスが悪ければ栄養素の欠如で眼に影響を及ぼしかねません。


せっかく子どもの視力が視力回復トレーニングで回復したとしても、生活を改善しなければ元通りに戻ってしまうこともあります。眼によい環境・習慣は体に良い環境・習慣ですので、ぜひとも実践して下さい。

子供の視力回復トレーニング

子供の視力回復に効果的な方法は?

子供の視力低下が顕著になってきた現代、親御さんも子供の視力回復の方法を日々画策していらっしゃることと思います。さて、子供にとって視力回復に効果的な方法とはどのようなものなのでしょうか。


子供の近視には仮性近視が多く含まれます。仮性近視はいってみれば眼の筋肉の緊張が持続してしまっている状態なので、色々な視力回復トレーニングの効果が出やすい症状ではあります。したがって、子供の視力回復には例えば視力回復センターなどで行っている視力回復トレーニングが有効であるといえるのです。同様に、眼科でミドリンなどの薬を処方してもらうことも同様の効果が見込めます。ただし、もしも子供が真性近視である場合にはこれらの方法が効果を挙げる確率は低くなり、眼鏡等で矯正することがまずは必須となってきます。


現在裸眼の視力回復に確実に効果があることが立証されているレーシック手術は、子供は基本的に受けられないようになっています。近視は成長と共に進行することが概ね解明されており、もし手術をおこなっても視力が下がってしまう可能性が高いからです。


生活習慣・食生活・姿勢などを改善することで視力回復に寄与するケースもあります。子供にとってそういった部分は根本的な健康増進・健全な成長に繋がりますので、視力回復トレーニングと共に試みて損は無いと思います。

子供の視力回復トレーニング

視力回復にかかわる子供の実情

視力回復は、子供から大人まで現在における共通の問題として、普遍化した注目事項となっています。視力回復の必要性は、今や子供においても多く説かれる状態になっています。


子供の近視人口は近年ますます増えており、小学生で4人に1人、中学生で2人に1人が裸眼視力1.0以下となっています。この数字は結構深刻なもので、子供のうちから視力回復トレーニングに励む姿も多く見られるようになっています。


子供の近視の中では、仮性近視が含まれている確率が高くなります。仮性近視はおおざっぱにいうと近くのものを長時間見るなどして眼が緊張してしまった状態が継続し、ピント調節がうまくいかなくなった状態です。それだけに毛様体の緊張をほぐし、ピント調整機能を復活させる目的であるものがほとんどである視力回復トレーニングは、子供に対して有効な手立てである可能性が成人に比べて高いということがいえます。


眼科で行われる目薬で眼の緊張をほぐすような視力回復治療も、仮性近視に有効=子供に有効な確率が高いということになります。近視の原因や成長と近視の関係はいろいろな説が取りざたされているのが現状ですが、書籍で学ぶような安価な投資のトレーニングでも、子供のために試みる価値はあるのではないでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。