スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復法にまつわる話

レーシックにいたる視力回復手術の歴史


レーシックというレーザーによる視力回復手術の普及で、視力回復トレーニングや食生活の改善など成果が不確定で顕著ではない方法にかわり、病院での視力回復を行う人の数は確実に増えたと言えます。いまでこそ痛みも少なく安全なレーシックで安心して手術が行える環境になっていますが、視力回復手術も進化を重ねて今の形があります。


眼の表面を切って視力回復を図る手術は、初めはダイヤモンドメスで放射状に切込みを入れるRKというものが行われていました。この方法は当然痛みが引き視力が安定するまで時間がかかり、かつ精度が高いとは言えませんでした。そこで登場したのがレーザーで角膜を整形する方法を取るPRKです。PRKは角膜を上皮から削るため、痛みが多少ある手術です。現在ではこれに改良を加え、上皮はフリップというふた構造に切って角膜上皮を損なわないレーシックに切り替わっていますが、PRKは一部の例で有効なため、まだ手術法としては採用されています。


そんな進化の道をたどったレーシックは、フリップを作る作業もレーザーでオートマチックに行うイントラレーシックなど、さらに新しい方法を取り入れた視力回復手術を生み出しています。手術への不安から視力回復トレーニングを選択している人も、いまなら調べる価値があるほどレーシックは進化しています。

視力回復法にまつわる話

視力回復に役立つ食べ物


ここでは、視力回復に役立つ食べ物についての話をしたいと思います。視力回復については視力回復トレーニングを行う施設での訓練、手術、自宅で本を見たり機械を利用して視力回復トレーニングなど、様々な方法が存在します。そういった中で日常生活に深く関わってくるのが食べ物でしょう。正味な話、食べ物を食べて水晶体や角膜の構造が変わるような根本的な視力回復はありえないと言って良いでしょう。しかし、栄養素の不足などで視力低下が引き起こされている場合などに、視力回復が食べ物を意識することによってもたらされる可能性は否定できません。


例えば、眼の健康に関わる栄養素にはビタミンがあります。ビタミンAが不足すれば鳥目になるなど、ビタミンは眼の健康に重大な役割を持っています。眼の健康に不可欠なビタミンを豊富に持っているものは、なんといっても緑黄色野菜です。肉中心の生活を見なおして緑黄色野菜を取り入れてみましょう。


魚介類も、目の健康のサポートになります。魚介類に多く含まれるタウリンや、頭の良くなる成分として一時期ブームにもなったDHAは、視力の向上に役に立つと言われている栄養素です。


上記から分かる様に視力回復にかかわる食べ物と言っても、特殊なものでなくても充分なのです。食生活を見なおすことが視力回復トレーニング同様の効果をもたらすのであれば、やってみる価値は充分にあるのではないでしょうか?

視力回復法にまつわる話

近視だけではありません!遠視の視力回復手術

近視が日常生活を著しく妨げるほど進んだ人にとって、視力回復手術は即効性のある療法として強い味方となります。視力回復トレーニングは眼にメスを入れない安心感はありますが、やはり時間が必要となります。そんな視力回復手術ですが、最近では近視のみならず遠視の視力回復を図ることができるものも登場していると言うのだから、医療技術も進歩したものです。


巷に出ているものはほとんど近視用の視力回復トレーニングですから、遠視の人にとって裸眼での視力回復が望める手術はまさに光明でしょう。さて、その遠視の視力回復の手術には、例えばCKというものがあります。この手術は角膜の数カ所にラジオ波を照射することにより、角膜の山なりを急勾配にして、近くのものにピントが合う様にすると言うものです。この手術は角膜部分にメスが入らず、10分程度で終わるものですので安全性が高いのがポイントです。


このCKは老眼の治療としても行われており、手術用の機械を開発したRefractec社のサイトでは英語ページではありますが治療成績を見ることもできます。近視だけではなく遠視や老眼の視力回復も即日でできる世の中、医療はどこまで進化するのでしょうか。

視力回復法にまつわる話

視力回復にまつわる2つの3D 

視力回復にちなんだ、2つの「3D」について、ここではお話をしたいと思います。


一つ目は、視力回復トレーニングの「3D」です。不規則の中に隠された図形や文字に「並行法」あるいは「交差法」でピントを合わせることでその図形が3Dすなわち立体に見えるようになるものを集めた本が一時期ヒットしましたが、その際の眼の動きを毎日繰り返して視力回復トレーニングとする仕組みの視力回復法やその本が90年代に数多く世の中に出ました。この視力回復トレーニング法の最大の強みは「楽しい」要素が大きいことです。視力回復トレーニングの肝は継続性ですので、モチベーションアップに繋がる「楽しみ」は重要なポイントとなります。


もう一つは、視力回復の必要がある近視の度合いです。近視の度合いはD=ディオプターという単位で表され、−が強いほど近視の度合いが大きく、逆に+の値が出た場合には遠視ということになります。そこで視力回復の必要性の目安になるのが-3Dです。分類においては-3Dまでは軽度の近視となっており、矯正も容易に行えます。実生活でもその点は、例えばカメラの視度調整にも現れています。カメラ屋さんや電気屋さんにいくと分かると思いますが、カメラのファインダー上でできる調整の幅は、どのカメラもほとんど-3Dまでなのです。カメラのファインダーは眼鏡ごしでは非常に見づらくなりますので、こういった部分でも-3Dという数字が実感できます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。