スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

機械を利用して視力回復

こんな視力回復器具もあります:目美雅貴


視力回復用の器具を使っての自宅での視力回復トレーニングは、レーシック普及以前は裸眼での視力回復を試みる上で、視力回復センターでの視力回復トレーニングと並んで一番一般的といえる方法でした。現在でも視力回復を目的とした器具は売られており、レーシック全盛の現在もその裾野自体はインターネットの普及で広がっていると言えます。


ここでは、そんな視力回復器具の中で、あまり見たことが無いであろうものを紹介します。その器具は、その名も「目美雅貴(めみがき)」です。この商品はプレートを立てて差し込む為の奥行きが45cmある本体と、その装置の一番置くに立てて差し込む白色文字プレート、本体の先に差し込む透明文字プレートからなります。組みたてて手前から見ると、透明文字プレートから透けて一番奥の白色文字プレートが見られるような形になります。


上記で気づいた人も居られるかと思いますが、この視力回復用器具は、こうして設置された手前の透明文字プレート文字と、奥の白色文字プレートの文字を交互に見ることで目に働きかけると言うわけです、これは、多くの視力回復センターが視力回復トレーニングとして取り入れている方法と同様のアプローチとなります。


一般に視力回復器具は高額なものが多いですが、こちらはその中でも一万円程度で販売されていますので、同様の視力回復トレーニングが行える高額な機械の購入を検討されているかたは、「目美雅貴」についても調べてみてはいかがでしょうか?

機械を利用して視力回復

視力回復機器がまとめて買えるサイト

裸眼での視力回復を試みるとすれば、昨今ではレーシック手術などの登場により市場の情勢は激変したといえますが、自宅での視力回復機器の使用による視力回復トレーニングもまだまだ根強い人気があります。


さて、自宅での視力回復トレーニング用の視力回復機器には大きく分けてもいくつかの種類があります。遠近を交互にピント合わせするようなトレーニングのための機器や、雲霧法のための凸レンズの入ったメガネ、はたまたソニマックを始めとする超音波を利用した視力回復機器など、アプローチの異なる機器が、それぞれ単独で販売されているため、組み合わせて使いたいときに不便を感じるものです。


そこでご紹介するのが、「東京視力ネットショップ(http://www.rakuten.co.jp/tskc/index.html)」です。こちらの運営は東京視力回復センターという視力回復トレーニングを手がける機関です。こちらでは、上記のいろいろな種類の機器のほか、眼に優しいライトやTVフィルターなどを購入することが出来ます。なかでもそういったものを組み合わせたセットが売られているのが、組み合わせで視力回復機器を購入したい人にとってはありがたいところです。


視力回復関連用品にはどんなものがあるのかを確認するだけでも役に立つサイトだと思います。

機械を利用して視力回復

視力回復の機械について

視力回復を目的とした訓練機・治療機と呼ばれる商品は古今東西尽きることなく市場に流通をしています。こういった視力回復機は種類が非常に多く、どれがどのように作用するのか、比較検討しようと言うだけでもすこしわずらわしくなってしまいます。とはいえ、色々とそういった機械を調べてみると、多くの視力回復用機械は広義には眼に対して同じような作用を示していることが分かります。


視力回復センターなどで行う視力回復トレーニングは、方法論は異なれどそのほとんどにおいて目的は緊張が持続して凝り固まった状態の毛様体をほぐし、あるいは鍛えることでピント調節の機能を回復・改善するというところにあります。すなわち、きちんとした訓練法の指導や定期的な検診、アドバイスを受けられないと言う部分を無視するならば、自宅でも視力回復トレーニングを行うことは可能なのです。


視力回復の機械は、そのほとんどが視力回復トレーニングの方法論を機械上で自動的にやってくれるものとなります。例えばピントを遠くに合わせ、今度は近くに合わせ、という作業をするのに自分で近くを見て、遠くを見てとしなければいけないところを機械が作動して自分がピントを調節しなくても前述の状態を自動的に作ってくれるのです。継続性・自主性と言う自主的に行う視力回復トレーニングにおいての問題を簡単にクリアしてくれると言う点で、視力回復の機械の恩恵は大きいと言えます。


視力回復用の機会としては、こういった視力回復トレーニングのメソッドを自動的・受動的に実践してくれるもののほかに、超音波で眼の筋肉のコリをほぐし、視力回復効果を与えると言うものもあります。

機械を利用して視力回復

お医者さんが開発したアイトレーナー





視力回復の方法として、矯正や手術によらない視力回復トレーニングによる視力回復への取り組みは目に直接器具などを接触させることはほとんど無く、安全性の面で好まれることが多いですが、医学的な根拠を懸念する部分や自主性・継続性の点でなかなか効果を挙げにくいという問題はやはりあります。そこでご紹介するのが眼科医が開発したという視力回復用の器具を使った視力回復トレーニング法です。


その視力回復トレーニング用の機器は「アイトレーナー」といいます。アイトレーナーは眼科医により提唱された機械で、双眼鏡のような機器を着用して毎日15分ほど景色やTVを眺めることで視力回復を図るというものです。


アイトレーナーの視力回復の原理は、「望逮訓練法」、「水晶体体操法」、「凸レンズ装用法」、「開散法」という、この分野の研究では有効とされている4つの訓練法からなっています。おおまかにいえばこれらの訓練は毛様体の緊張をほぐす、あるいは毛様体筋を鍛えることを目的としたものです。これらの視力回復訓練法にはとくに器具を必要とせずにトレーニングできるものもありますが、アイトレーナーは装着するだけという手軽さで、労力が無く継続をしやすくしている点がポイントです。


値段は色々な購入元はありますが概ね7万円前後と、決して安くはありません。レーシック手術等別の方法と比べて検討してみるのが間違いないでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。