スーパービジョンスーパービジョンSV210 スーパービジョン SV2100 スーパービジョン■税込み送...
レビューを書いてバラの花束ゲット!詳しくはこちら目の超音波治療器 「ソニマック」[送料無料]...

視力回復全般

視力回復トレーニング用機械の認可について

視力回復トレーニングに使用する機械は、様々なものが世に出ています。そういった視力回復トレーニングの機械の中で、よく見るのが「厚生省認可」という文字です。


視力回復トレーニングの機械は、「視力回復」という性質から、医学分野に入ってきます。そうなると、効用を謳うことは実績と安全性があってこそはじめて可能ということになります。


例えば、超音波で毛様体のコリをほぐす方式の視力回復機「ソニマック」は、大学病院での臨床試験や動物試験で効果の実例を挙げ、審議と審査を経て厚生省から医療機器としての認可を得ています。このような認可が無ければ効用を謡うことは誇大広告になり、実際視力回復トレーニングの機械は過去。こういった問題で槍玉に挙げられたケースが多くあります。


先にあげたとおり、厚生省の認可には「効果と安全性」というポイントをクリアする必要があります。効果について仮性近視と真性近視の場合はデータがどうなるのか、などと考えてしまう部分もあり、実際に劇的に回復した話を聞かないという部分でも厚生省認可が信頼に足りる効果を持っているかということは疑問視されることもありますが、安全性に関してはひとまず無認可のものよりは信用してよいでしょう。

視力回復全般

視力回復にルテインを含んだ食品を

視力回復には視力回復トレーニングや手術などの方法で裸眼の視力回復を図ることが考えられますが、日常摂取する食品に気をつけることで眼の健康を維持することを考えなければ、せっかく視力回復トレーニングや手術で視力回復したとしても、さらに大きな影響を持つ症状があなたを襲うかもしれません。


視力回復食品はブルーベリーなどが広く知られていますが、近年注目を集めているのがルテインです。ルテインは水晶体や網膜に多く含有し、ルテインの不足により白内障・緑内障・飛蚊症といった眼の症状が起こるとされています。視力回復というよりは視力回復を行った成果を永く持続し健康を保つために、ルテインを含む食物を摂る習慣をつけることには大きな意味があります。


ルテインを多く含む食物の代表はほうれん草です。ほうれん草ならまず簡単に入手できますし、ゆでて醤油をかけるだけでも美味しくいただける手間の少なさからも最適です。青汁に含まれるケールはかなりのルテインを含有していますが、継続して飲むのは難でしょう。


ルテインは体内では作られない物質です。視力回復トレーニングなどと合わせてルテインの摂取を習慣づけ、眼の健康を保ちましょう。

視力回復全般

視力回復手術が安価で受けられる京都の病院

視力回復トレーニングや視力回復手術、京都にも視力回復に関する施設・機関は数多くあります。そのなかでも現在注目度が高いのは視力回復のスタンダードにもなりつつある視力回復手術でしょう。ここでは、京都でレーシック手術が安価で受けられる病院のご紹介をしたいと思います。


視力回復手術,特にレーシックが安価で受けられるのが京都市の下京区にある「舘眼科クリニック(http://www.evision.jp/)」です。舘眼科クリニックではレーシック手術は保証期間に応じて3タイプに分かれており、保証期間が半年のBASICタイプでは両眼で178000円という低価格でレーシック手術を受けることができます。このあたりの値段になってくると、視力回復トレーニングやコンタクトなどによる矯正と比べてどちらがお得かを考えられるようになってきます。


さらにいうと、舘眼科クリニックでは視力回復手術の会員紹介割引や、学生割引も導入していますので、条件に合えばさらにお得に視力回復手術を受けることが可能です。ちなみにHPの文章からも分かる様に、この病院は値段が安いからと言ってなんでもこい、という姿勢では無く、良く考えて不向きな日とは無理して手術を受けず、また信頼ある先生に執刀してもらうほうが良いと唱えています。こういった言葉がみられるだけでも信頼感が増すものです。

視力回復全般

視力回復と口コミ

視力回復トレーニングも視力回復手術も、決して安い金額で行えるものではないゆえに、開始にあたってはインターネットなどの口コミが重要な情報源となります。


視力回復については、特にレーシック手術の口コミを扱うサイトがインターネット上に多く存在します。まだまだ安全性を危惧する人の多いものですから、口コミがにぎわうのもうなずけるというものです。口コミは鵜呑みにするのは危険なものもありますが、実際に手術を受けた人間が病院のサイトや案内ではわからない部分の情報を提供してくれるのは、病院選びにおいて非常に参考になります。ただし、一点気をつけたいのは症例が多い病院ほど否定的な意見も多くなるということです。好意的な意見しかないとしたら、そのほうがむしろ操作された情報である可能性が高くなります。


視力回復トレーニングについても口コミサイトは存在しますが、効果の出やすい子どもはもちろん書き込みが少なく、おとなは視力回復トレーニングについて懐疑的な人も多いことから、否定的な意見が多いことは頭に入れておく必要があります。


口コミを信じすぎず排他しすぎず、うまく利用して納得できる視力回復方法や施設・機関を選択しましょう。

視力回復全般

視力回復で有名なつぼ

視力回復トレーニングよりも手軽に継続できそうなのがつぼによる視力回復です。つぼは人体のあらゆるところにあり、視力回復にかかわるつぼも一つではありません。その中でもとくに視力回復に有用とされるつぼは、「睛明」と呼ばれるつぼです。


睛明は、知らないうちに多くの人が利用していると思われます。目が疲れたときに自然と目頭の先の花の付け根の辺りを人差し指と親指で押さえたりしませんか?その場所こそが睛明です。睛明は呼んで字の如く晴れ晴れ明るいという字面ですから、古くから眼の健康につながるつぼであったことが伺えます。


睛明は眼の症状全般に関してよいとされるつぼですが、視力回復だけでなく眼瞼けいれんや鼻づまりにも効果があるとされるつぼです。


視力回復トレーニングも理論さえマスターすれば通勤電車や自宅でもさっと出来るといえますが、視力回復のつぼを押すという行為はもっと手軽にできるものです。睛明のつぼ一箇所覚えるだけでも視力回復、目の健康に大いに助けになるのではないでしょうか?

視力回復全般

視力回復手術かコンタクトレンズか


視力回復トレーニングに代わり、裸眼の視力回復方法として近年レーシック手術が広まってきましたが、コンタクトレンズの技術進歩によって快適なコンタクト生活が送れるようになったこともあり、視力回復トレーニングかレーシックか、という選択肢よりはレーシックかコンタクトレンズか、という選択肢のほうがシチュエーションとして多くなっているかもしれません。


視力回復手術かコンタクトレンズかという選択の際にポイントのひとつになるのが費用でしょう。単独の費用では片眼10万円を超えるレーシックなどの手術のほうが圧倒的に高く感じますが、手術後は一切費用がかからないと考えるならば、定期的に交換が必要なコンタクトレンズではトータル金額がいつか視力回復手術を追い抜きます。トータルでいくら払うのか、費用をいつ払うのか、と言った点が選択の肝となります。


安全面ではどうでしょうか?コンタクトレンズと言う異物を眼につけるという性質上、コンタクトレンズの装着について100%安全と言える日はこないでしょう。一方のレーシックは手術の安全性も現在では非常に高く、手術さえうまく行けば何の心配も無いと一見捉えられますが、眼に衝撃が加わった場合通常より薄くなった角膜への影響は心配されますし、経年による眼への影響は無いとは言われておりますが、懸念の声もあります。


メリットのみならず危険性、デメリットにも目を向けて視力回復手段を選ぶ様にしましょう。

視力回復全般

視力回復は自然に行われるか?

視力回復トレーニングや手術が普及している現在ですが、ここまで視力回復関連の事柄に注目が集まるのは、近視は基本的に自然回復が望めないとされているからです。


近視の原因には屈折性や軸性などの形状的な問題と、視神経の異常や緑内障などの疾患によるものがありますが、そのどちらに関しても、視力回復が可能な状態であっても根本的な原因を意図的に治療しなければ視力は回復しません。そもそも、病的な原因でない近視は医者によっては病気ではなく身長や顔のつくりなどと同様の個体差であるという考え方もされていますから、視力回復が自然に行われると言うのは考えにくい類の現象なのです。


もしも視力回復トレーニングや手術によらずに自然回復が実現したとしたら、毛様体の緊張が原因で起こるとされている仮性近視が生活環境の変化などで改善されたと言うシチュエーションぐらいしか考えられません。


近視のメカニズム自体は解明されてはいますが、例えば仮性近視については存在を認めない医者もいるように、近視全体に関しては善用がいまだ明らかになっておらず、色々な部分で意見が分かれるものです。研究が進めば、視力回復が自然とまではいかずとも、費用や手間がもっと少なくてすむ方法は出てくるかもしれません。

視力回復全般

視力回復機関「視快研」の福岡スタッフによるブログ

視力回復トレーニングを行う施設の中でも非常に拠点の数の多い「アイトレーニング視快研」ですが、福岡の拠点の訓練師さんがブログを運営しています。眼についての知識、視力回復トレーニングの知識が満載ですので、是非見ていただきたいブログです。


「視力回復_アイトレーニング福岡原(http://ameblo.jp/469up-training/)」という名前は変哲もそっけもないブログではありますが、視力回復のプロの運営するブログだけあって読ませる内容になっています。特に役に立つのはやはり自宅で出来る簡単な視力回復トレーニングについての記述でしょう。福岡や視快研に赴かずとも目の前のPCからトレーニング方法を教えてもらえるというのは、すばらしいことです。惜しみなく理論体系やトレーニング方法を広く世間に公開しているという点では、視快研のスタッフの視力回復にたいする思いも図れるというものです。


もちろん堅苦しい読み物のみならず、「犬・猫は近視になるのか」などの眼にまつわるよもやま話なども見ることが出来ます。もしも視力回復トレーニングにまつわる有益な情報が得られたと思ったら、ところどころにリンクが貼られている本業のアイトレーニング福岡原のページも見てあげるのが良いでしょう。

視力回復全般

視力回復を志す前に:知っておきたい近視の種類

視力回復トレーニングやレーシック手術、あるいはサプリメントなど近視を改善するべく取る方法は近年選択肢が増えている状況です。ここでは視力回復に先立ち、近視のメカニズムを知っておくと役に立つことがあるかもしれないということで、近視について少しお話をしたいと思います。


一口に近視といっても、遠くが良く見えない状態である原因は人により異なってきます。ごくおおまかに分ければ、光の届き方の問題を元にすれば軸性近視と屈折性近視、臨床学の区分では単純近視と病的近視に分けられます。


軸性近視は眼球自体が長くなったため、網膜より前の位置で結像されてしまう状態です。逆に、屈折性近視は角膜や水晶体の屈折力が強すぎるため、結果として網膜より前で像が結ばれる状態です。いずれも病気ではなく形状の問題であるならば、レーシックなどの視力回復手術で回復が可能な場合が多いといえるでしょう。


臨床学的な区分の単純近視とは、いわゆる皆さんが想像している禁止です。概ね年齢と共に進行し、25歳くらいまでで視力が安定します。これに対し、なんらかの視神経の障害によって起こっているものが病的近視です。病的近視は主にかなり強度の近視になります。


屈折異常や視神経の障害によらず、視力がおちている状態を仮性近視(偽近視)といいます。この状態を改善させようというのが視力回復トレーニングの一般的な理論になってくるのですが、お医者さんの見解は様々で、仮性近視の存在自体を否定する人もいるようです。

視力回復全般

慎重に選ぼう視力回復方法

視力回復の方法は昔からある視力回復トレーニングに加え、近年ではレーシック手術やオルソケラトロジーといった画期的な視力回復の手段が出てきた為、選択肢の裾野も広がってきています。さて、そういった新しい視力回復方法は確実性と即効性が高いため、高額ながら利用者が非常に増加しています。しかしながら、やはり選択は慎重に、というのが忘れてはいけない一言になります。


レーシック手術やオルソケラトロジーといった新しい視力回復方法は、急速に症例が増えてはいますが、当然ながら術後10年・20年経過後のデータは取れていないはずです。そのあたりの懸念も一部ではささやかれていますが、絶対安全と思わせてしまう宣伝をしているところが多いのが事実です。急速な取り扱いの増加も気になるところで、例えばレーシックはほぼ失敗の報告が無いほど精度が高い手術を実現していますが、レーシックを導入する眼科医の増加はその制度をどちらに傾かせるのでしょうか。


視力回復トレーニングにおいても選択は慎重にしておいて損はありません。特にいわゆる視力回復センターで行う視力回復トレーニングの実績は、年齢を見てキチンと考察すべきでしょう。この類のトレーニングは仮性近視に特に効果が高く、ゆえに子供の割合が多ければ実績も自ずから上がるようになっているのです。


いずれにしても安い投資ではない視力回復、選択はしっかりと意思を持って行いましょう。

視力回復全般

目の健康と視力回復

目の健康と視力回復には、当然のことですが密接な関係があります。しかしながら、それは目の健康に気をつけていれば視力回復トレーニングや視力回復の手術をせずとも視力がアップしますよ、という意味でもありません。


目の健康が脅かされる事態は、日常の色々な場面に潜んでいます。いまや社会問題ともなっている糖尿病は、進行すれば失明という結果も考えられます。夏の盛りにケアなく外を歩き回れば、お肌同様に角膜なども紫外線でダメージを受けます。


食生活に関しても目は影響を受ける部分が多く、例えばビタミンAの不足によって夜に目がききにくくなる鳥目と呼ばれる現象が起きることは広く知られています。


このように書いてきましたが、言いたいことはつまりいくら視力回復トレーニングをしたり、視力回復手術を受けたりして視力が回復したとしても、目の健康を損なうようなことがあればせっかく視力回復に投じた時間や費用は無駄になってしまいかねないということです。また、目の健康はすなわち体の健康ですから気をつけてしかるべき、忘れざるべきことなのは当然と言うものです。

視力回復全般

視力回復手術を行う眼科探しは?

裸眼の視力回復を試みる際には、従来の視力回復トレーニングに比べて眼科で手術などを行うケースが禁煙非常に増えてきています。視力回復トレーニングを行う施設から近視の人の足が眼科へと向きを変えつつある理由は、ご存知の通りレーシックやオルソケラトロジーと言った確実性の高い視力回復法を受けられるからです。


さて、そのような背景の中、巷では非常に視力回復手術を行う眼科が増加しています。そこで悩んでしまうのが眼科選びということになります。そこで役に立つのがインターネットです。レーシック、あるいは視力回復というキーワードを軸に検索をかけてみると、必ず全国各地の視力回復手術を行う眼科が探せるサイトが見つかるはずです。ご自分のお住まいの地域を探して、その中で行く病院を選べば良いわけです。


特にレーシック手術をお考えの方は、レーシックに絞って検索をしてみると、全国の眼科のみならずレーシックについての様々な知識を提供するサイトを見つけられると思います。なにぶん安い値段で出きるものではないので、予備知識はあるに越したことはありません。


面倒くさいかもしれませんが、調べれば調べるほど安心で納得できる視力回復につながるはずなので、是非インターネットを活用してください。

視力回復全般

視力回復の治療で保険が適用されるもの


視力回復トレーニングによる近視の治療は、多くの場合には医療機関ではないところが運営する視力回復センターなどで治療が行われますので、当然その費用はまちまちですし、概ね安くあがるということはありません。


そうなると考えに及ぶのが視力回復の治療を医療機関で行えば、保険適用でかなり安くなるのではないかということです。しかし、現状近視の視力回復治療においては、方法もそれほど選択肢がないこともさることながら、保険の適用になっているものも数えるほどであるという現実があります。


視力回復トレーニングをおびやかす普及の程を見せているレーシックやオルソケラトロジーも、残念ながら視力回復の治療法として、保険適用はまだまだ認められないようです。結果、治療効果の非常に高いこれらの施術も、現行では費用が高いという問題がつきまとっています。


眼科で保険適用の視力回復の治療を受けるとなると、一つは点眼治療があります。ただし、構造上の問題は解決できないため、治療効果が高いとはいえません。もう一つに、最近適用となったもので9歳未満の子供の弱視等の矯正用メガネやコンタクトレンズがあります。

視力回復全般

視力回復も運動である?

視力回復トレーニングには種々の方法論がありますが、その原理は運動というものになぞらえて考えると分かりやすいかもしれません。


視力回復トレーニングの解説などを見ていくと、近くを見続けてピントが凝り固まった毛様体筋の緊張をほぐすことや、毛様体筋に蓄積された疲労を回復することを目的とするものが大部分であることが分かります。


毛様体筋は平滑筋といい、自分の意思では自由に動かすことはできません。しかし、遠くを見たり近くを見たりすることで筋肉を運動させることが出来ます。視力回復トレーニングは、毛様体筋のストレッチだと考えると、原理が分かりやすくなるのではないでしょうか。


そう考えていくと、超音波による視力回復トレーニング機器も超音波風呂などの効用を見るとイメージができるのではないでしょうか?


視力回復に繋がる眼の運動を総合的な体の運動とリンクさせて行う近視アスレチックなるものを提唱・実践する機関もあります。眼も体の一部ですから、それが原因や結果の全てではないにしても、視力回復と運動がリンクした事象であるのは当然であるともいえるでしょう。

視力回復全般

視力回復術を行う整骨院

視力回復と言えば病院での手術や専門機関での視力回復トレーニングが思いつくのが通常ですが、視力回復の市場も広がっているもので、視力回復術なる施術を行っている整骨院などというのもあります。ここではその紹介をしたいと思います。


視力回復術という治療を行っているのは東京都港区にある「港整骨院(http://osso.jp/index.html)」です。港整骨院はその名の通りれっきとした整骨院なのですが、いわゆるベッカムカプセルやゲルマニウム温浴と言ったメニューも提供しており、その中に「視力回復術」があります。


視力回復術は目の周りの筋肉に作用する手技療法と頭全体を覆ってのエアーマッサージで目の周りの筋肉の働きを改善するというものです。毛様体筋に作用すると言う点では効果のベクトルは視力回復トレーニングに近いものを感じますが、角膜の表面をなめらかにするという治療は珍しい、独自の部分でしょう。効果の程度は図る由はありませんが、日常生活でつかれた眼の筋肉がほぐされるのはマイナス要素では決して無いでしょう。


この視力回復術、保険適応外の為1回の施術は4000円となっています。この値段については評価の分かれるところだとは思いますが、興味を持たれた方はHPを覗いてみるのも良いのではないでしょうか?

視力回復全般

名古屋で視力回復

視力回復にも様々なアプローチがありますが、名古屋近郊で視力回復を図るとしたら、病院や施設にはどのようなものがあるのでしょうか?


最近のスタンダードともいえるレーシックなどの視力回復手術が受けられる名古屋の病院はというと、名古屋は大都市だけあり「神奈川クリニック」「錦糸眼科」という著名で症例の多い病院をはじめとして、多くの病院が存在します。安全性という点でどこがいい悪いということが論じられないくらいレーシック手術のレベルは上がっていますが、安心感が強いといえるのは症例の多い有名どころでしょう。


視力回復トレーニングを行っている機関も、名古屋には複数存在します。視力回復トレーニングで有名なところでは日本視力訓練協会の「視力回復センター」や「アイトレーニング視快研」の拠点が名古屋にはあります。「ルナージュ」という、眼や耳の周りのつぼの刺激によって目の筋肉をほぐし、視力回復するというコンセプトの珍しい視力回復センターも名古屋にはあります。


大都市だけあって特に病院は数多く存在する名古屋の実情です。選択肢が多いことをメリットと捕らえ、じっくり考えて見ましょう。

視力回復全般

視力回復と視力矯正

落ちてしまった、あるいは元々良くない視力を改善させようと考えたとき、選択肢は色々とあるのですが、広義に見ればその方法は視力回復と視力矯正に分けられるでしょう。


視力回復は裸眼視力回復を目的とし、センターに通っての視力回復トレーニング・本を毎日見るだけでできる視力回復トレーニング・薬の点眼による視力回復・レーシックなど手術による視力回復があります。一方矯正はメガネやコンタクトレンズを装着することによって装着している間だけ視力が回復した状態になるというものです。


視力回復においては自宅で行う視力回復トレーニングといった安価なものは絶対的な回復が図れず、一方でレーシックなどの確実性の高い視力回復は高額な費用が必要となります。一方矯正は、自分オ視力にあった矯正具を選んで装着することで即時に良く見える状態が得られますが、裸眼に比べると着けたり外したりにも、装着中にも裸眼には無いわずらわしさが発生します。


裸眼での視力回復が状態として一番良いのは言うまでもありませんが、選ぶ人によってどの部分が重要化も変わりますので、一概にどの方法が一番良いと言う風には言えません。視力回復と視力矯正、おのおののメリットデメリットをしっかり把握して自分にとって適したものを選ぶのが良いと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。